おもしろがり速報

芸能ニュースをまとめて最速でお届けします。
芸能人、有名人、アイドルの噂やスキャンダルなど
おもしろネタや記事を配信します。

    カテゴリ:芸能 > タレント


    小島 瑠璃子(こじま るりこ、1993年〈平成5年〉12月23日 - )は、日本のバラエティタレント、司会者、グラビアモデル、スポーツキャスター。 千葉県市原市出身。ホリプロ所属。 2009年、第34回ホリプロタレントスカウトキャラバンで3万3910人の中からグランプリ受賞。同年10月25日、ホリプ
    39キロバイト (5,209 語) - 2020年9月23日 (水) 08:02



    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)


    どうなるんだろうね・・・・・。

    1 :2020/09/23(水) 12:10:22.95 ID:vIdlyXLP0●.net BE:748916136-2BP(2000)


    (出典 img.5ch.net)

    小島瑠璃子、テレビ各局が起用自粛の動き…事務所も制御不能、“略奪愛&四角関係”騒動
    https://biz-journal.jp/2020/08/post_176875.html

    「キングダム」漫画家と熱愛で…小島瑠璃子が絶たれてしまった“道”
    https://news.yahoo.co.jp/articles/8655bf70ee844e955355f78951528349a07ede6e

    小島瑠璃子、『テレ東音楽祭』出演企画が立ち消えに!? 
    https://www.cyzowoman.com/2020/09/post_303623_1.html

    小島瑠璃子、致命的な“男性人気低下”で迫られる「知的」より「脱ぎ」
    https://news.nifty.com/amp/entame/showbizd/12104-158329/


    【【速報】キングダム略奪不倫の小島瑠璃子さん、芸能界追放かwwwwww】の続きを読む


    手越 祐也(てごし ゆうや、1987年〈昭和62年〉11月11日 - )は、日本の男性歌手、俳優、タレント、YouTuberである。 神奈川県横浜市出身。早稲田大学人間科学部(通信教育課程)中退。2002年12月にジャニーズ事務所に入所。所属中はNEWSとテゴマスのメンバーとして活動し、2020年
    39キロバイト (4,449 語) - 2020年8月30日 (日) 09:36



    (出典 www.iza.ne.jp)


    ダンス動画は伸びてるのでよかった・・・。

    1 フォーエバー ★ :2020/09/21(月) 09:09:15.07 ID:CAP_USER9.net

    最近のYouTubeの再生回数を巡り、元『NEWS』手越祐也に〝一発屋〟疑惑が囁かれ始めた。

    6月にジャニーズ事務所を退所して以降、今やチャンネル登録者数150万人を突破し、8月には初の著書『AVALANCHE ~雪崩』を出版するなど、快進撃が止まらない手越。中でも、YouTubeは、初の投稿でもある退所会見の動画で驚異の1000万回超えをたたき出している他、新居のルームツアーや高級車を購入する〝お金持ち系〟の動画で、それぞれ600、300万回再生を記録するなど、新人ユーチューバーとしては大成功の部類といえる。

    「そんな絶好調の手越ですが、8月中旬ごろから3回にわたって投稿した『チャラ男の無人島生活』の動画が、これまでのものと比べると不発に。その後アップした『【ご報告】手越祐也、念願の〇〇〇が決まりました』というユーチューバーにとってテッパンの〝ご報告系〟動画でも、55万回に留まっており、最近アップされた動画は軒並み25万回前後に落ち着いています。野次馬的なネットユーザーが、一気に離れたようですね」(ネットメディア編集者)

    うわっ…手越の再生回数、低過ぎ…?
    そもそも一体、YouTube界では何が起きているのだろうか。

    「コロナ禍の影響で、ユーチューバー自体が飽和しきっているのも事実です。手越は、無人島生活やギネス挑戦、激辛や水風呂とさまざまなコンテンツを発信していますが、言ってしまえばどれもどこかで見たことあるような企画ばかり。YouTube全体のコモディティ化により、視聴者も分散しているといえます」(エンタメ誌記者)

    実際に、ネット上でも、

    《手越再生回数少な、、》
    《手越君は無敵の人だったね しかし今はもうかなり落ちてきたよ YouTubeも再生回数激減したし やっぱジャニーズにいてこそよ》
    《手越祐也のチャンネル大丈夫?? 何年もYouTubeやってネタ尽きてきた人たち並みに再生回数悲惨じゃん…最初の方はみんな好奇心だけで見てたんだね》

    などと、一発屋を心配する声が多く上がっている。

    そんな中でもひと際、再生回数を伸ばしているのが、9月7日に投稿されたダンス動画だ。やはりみんな〝歌って踊っている手越〟がお好き…?

    2020.09.20 17:31
    https://myjitsu.jp/archives/132893


    (出典 cdn.asagei.com)


    【【悲惨】#手越祐也 “YouTube再生回数”が… 一発屋説も浮上】の続きを読む


    木下 優樹菜(きのした ゆきな、1987年12月4日 - )は、日本の元タレント、元ファッションモデルである。期間限定ユニットPaboおよびアラジンのメンバーでもあった。愛称はユッキーナ。 東京都葛飾区出身。プラチナムプロダクションに所属していたが、2020年7月6日を以って芸能界を引退した。 葛飾区立葛美中学校卒業。渋谷高等学院修了。
    30キロバイト (3,908 語) - 2020年9月7日 (月) 21:46



    (出典 www.lmaga.jp)


    一般人になったんだからインスタ開設してもいいんじゃない・・・・。

    1 Egg ★ :2020/09/11(金) 19:55:57.50 ID:CAP_USER9.net

    引退したハズの木下優樹菜さん(32)がインスタグラムを再開し、物議をかもしている。

     木下さんというと、今年7月1日に芸能活動を再開も、直後に所属していた芸能事務所に「信頼関係を維持することが著しく困難」と言わしめる事態に。同月6日、所属していた芸能事務所を辞め、フォロワー500万人のインスタグラムのアカウントも削除し、事実上の引退となっていた。ところが、9月1日にはインスタグラムを開設。

     「インスタを開設した日が、“恫喝メール”を送ったことで裁判になっているタピオカ店店長との裁判の開始前日だったことや、騒動についての謝罪や引退についての説明などもなかったことから、当初はなりすまし疑惑が出たほどです」(スポーツ紙記者)

     しかし、木下さんは順調にフォロワーを増やし、7日現在ですでに20万人を超えているという。

     「純粋な人気だけではなく、アンチも取り込む見事な炎上商法です。禊も終わっていない、元所属事務所への恩や義理も果たさない中でのインスタ開設には、元事務所関係者も怒りを通り越してあきれ返っていますよ」(前出・スポーツ紙記者)

     なんともたくましい。 (zakzak編集部)

    2020年9月11日 17時13分
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/18881596/

    写真

    (出典 image.news.livedoor.com)


    【【芸能】<木下優樹菜>インスタ開設!…“引退後”もたくましすぎ?ますよ」 [Egg★]】の続きを読む


    りゅうちぇる(1995年9月29日 - )は、沖縄県沖縄市出身の日本の男性読者モデル、タレント、歌手、実業家。本名は比嘉 龍二(ひが りゅうじ)。スターレイプロダクション所属。妻は、ファッションモデルの「ぺこ」ことオクヒラテツコ。 1995年、沖縄県宜野湾市で生まれる。5人兄弟姉妹の次男で末っ子。姉
    19キロバイト (2,528 語) - 2020年8月19日 (水) 12:39



    (出典 townwork.net)


    締まった身体・・・カッコいい・・・・。

    1 牛丼 ★ :2020/09/06(日) 21:43:17 ID:CAP_USER9.net

     りゅうちぇるといえば、日本テレビの行列のできる法律相談所に、モデルのペコの彼氏という枠で登場。しかしながら、なんとも奇抜で衝撃的すぎるそのキャラクターがテレビでもネットでも話題になり、いつしかペコよりも目立つような存在に。更にキレのあるコメント力が評価され一時期は引っ張りだことなっていたが、現在は一体どうなってしまったのか。

    りゅうちぇるといえば

    りゅうちぇるといえば、男性なのか、それとも女性なのか、一見どちらとも取れない中性的なキャラクターが人気ではありますが、ファッションモデルの「ぺこ」であるオクヒラテツコと結婚。つまり男性なのである。そしてモデルと言っても読者モデルと言う位置づけであります。

    やはり彼の特徴としては独特のキャラクター性で、剽軽で軽快なノリがポジティブであり、そしてしっかりとした自分を持っているという点ではかなり支持者も多いように感じます。

    そんなりゅうちぇるですが、最近なにやら変わってきているようなイメージのようです。一体最近の彼に何が起きたのか、これが最近のりゅうちぇるです。

    エグザイルかな。

    体脂肪率6%というのも驚異的ではありますが、以前はなんとも「へにょへにょ」した、どこか男の子っぽくないイメージではありましたが、どうやら今後この路線で少し男性らしさをアピールしていく狙いなのかもしれません。

    以前もとんでもない形に変化したりゅうちぇる。まだまだ今後新しくバージョンアップしていくに違いありません。

    今後の彼の活躍に期待です。

    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)

     記事
    https://yukawanet.com/archives/ryuchel202095.html


    【【衝撃】りゅうちぇる(24)現在バージョンアップ!…男らしさをアピール】の続きを読む


    小島 瑠璃子(こじま るりこ、1993年〈平成5年〉12月23日 - )は、日本のバラエティタレント、司会者、グラビアモデル、スポーツキャスター。 千葉県市原市出身。ホリプロ所属。 2009年、第34回ホリプロタレントスカウトキャラバンで3万3910人の中からグランプリ受賞。同年10月25日、ホリプ
    39キロバイト (5,209 語) - 2020年9月6日 (日) 13:07



    (出典 img.jisin.jp)


    しっかりすべきは、原氏じゃないかな・・・・

    1 牛丼 ★ :2020/09/06(日) 12:15:15.68

    奪ったのは“元妻”からではなかった

    嫌われ女王から、いまや『令和のベッキー』ともいわれる小島瑠璃子(26)。

    本サイトが彼女のあまりの嫌われっぷりを検証したのが今年の5月。

    それから4ヶ月、 “芸能界追放寸前か?” とまでなっているというから穏やかではない。

    「ここ最近、各週刊誌や芸能ニュースサイトでは連日小島の例の略奪愛を立証するかのごとく後追い記事が出まくっている。そして今までは小島、原氏、原氏元妻の三角関係と見られていたのが、なんと文春砲によって元アイドルEも加わった四角関係に発展したから驚き」(芸能リポーター)

    さまざまな報道や取材内容を整理すると、どうやら原氏が正式に離婚したのは昨年の秋冬というのが一致した見方。

    「小島と原氏が正式に交際したのはその後でしょうから、形式上は略奪愛ではない。しかし結果的に小島はやはり “略奪” している。それは元妻からではなく元アイドルEから原氏を略奪したということ」(同前)

    ここで時系列を簡単に整理しよう。

    原氏はかなり前に番組で共演したEと2年程前から交際。

    原氏は妻と別れることを約束、Eは婚約していた彼氏を裏切り事実上の不倫関係に。

    そして昨年末に正式に原氏の離婚が成立し、Eとの結婚に進むのかと思われたが、そこに改めて現れたのが小島だという。

    「当然、小島は知り合った頃は原氏に家庭があるのを知っていた。昨年末に離婚したのを知って今年になって猛アプローチをしたのでしょうから、そこは小島に罪はない。一番悪いのはEとの関係を小島に黙っていた原氏でしょう。家庭を捨て、Eと小島を天秤にかけた結果、Eを捨てた。文春さんにも報じられていた通り、Eは原氏と結婚するために大手事務所も辞めて芸能界から引退している。そこまでの覚悟があったEをいとも簡単に切った原氏は人間のクズともいえるのでは」(本件を追う夕刊紙記者)

    嫌われ女王の肩を持つ気はないが、今回の件で猛バッシングに晒される小島もある意味で被害者ということか。

    「世の中のすべての人が、文春さんの記事やナックルズさんのこの記事を読むとは限らない。今の世間のイメージは原氏の家庭を壊したのが小島というイメージ。しかし、それだけのリスクを取っても得られるリターン、すなわち財産が大きすぎる。やはり小島からすれば芸能界を退く覚悟で挑んだ最後の恋だったのでは」(同前)

    どちらにしても、業界内からも批判が集中し、もはや居場所の無くなった感のある小島。

    「まさに一時期の矢口真里やベッキーのように追放状態になるのでは。真相を知れば2人のケースとはまるで違いそこまで非はないはずだが、もともと嫌われているのも災いした。こうなったら何としても原氏に食らいついて結婚するべき。それで後に離婚する分には財産分与があるから、もう立派な人生勝ち組」(小島に近い芸能関係者)

    すべての疑惑の中心となる原氏は、弁護士任せで何ひとつコメントを出さないどころか、過去のSNS投稿も閲覧不可にしたというが……元妻、E、そして小島のために、男であるなら逃げてばかりいないで何かしらコメントを出すべき。

    それが、この騒動を収束する鍵となるだろう。
     記事
    https://k-knuckles.jp/1/10940/2/


    【【略奪愛】令和のベッキー#小島瑠璃子 芸能界追放寸前か???】の続きを読む

    このページのトップヘ