おもしろがり速報

芸能ニュースや旬なニュースをまとめてお届けします。
芸能人、有名人、アイドルの噂やスキャンダルなど
おもしろネタや記事を配信します。

    カテゴリ:芸能 > 女優


    妊娠は病気じゃない

    1 ひかり ★ :2021/10/23(土) 14:52:32.86

     昨年6月に俳優の生田斗真と結婚した女優の清野菜名が23日、所属事務所のホームページで第1子を妊娠していることを発表した。

     清野が出演している連続ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」(19日スタート、火曜・後10時)を制作、放送するTBSはこの日、広報部を通じて「大変おめでたいことだと思っています」と祝福のコメントを出した。

     同ドラマの撮影前に所属事務所から報告を受けていたという。「撮影開始前に所属事務所から(妊娠しているということを)伺っています。ご本人も所属事務所も体調に問題がなければ出演する意向でした」と説明した。

     現在は撮影の真っ最中だが「(清野さんは)予定通り参加されます。十分配慮してご本人とも相談しながら、体調が許す無理のない範囲で撮影を行っていきます」とコメントしている。
    報知新聞社

    https://news.yahoo.co.jp/articles/aa9e8473c50148cd0a5675cd98d7ed41788d25fd


    【【なんでだ!?】清野菜名さん それでも続行・・・!!!】の続きを読む


    私生活・・・

    1 jinjin ★ :2021/10/22(金) 23:08:47.98

    天海祐希 ベールに包まれた私生活明かす「一蘭、ウマいっすよね」 オフの日は「ガッツリ家に」


    女優、天海祐希(54)が22日放送のTBS「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(金曜後8・57)に出演し、私生活について語った。


    番組は全国の女性3000人に街頭インタビュー・アンケートを実施、天海への質問を募った。その中で多かったのが「私生活が見えない」というもの。
    天海は「1人でラーメン行けますか?」の問いに対して、「最近は行かないですけど、前の家の近くにはあったんですね。全然1人で行きました」と告白。
    スタジオに驚きの声が響く中「(人気ラーメン店の)一蘭、ウマいっすよね」と続けた。


    家事をしている姿が想像できないの声には、「しています、誰もしてくれませんからね」とポツリ。手際よくこなすようで「効率が良くないのは嫌だ」と話した。


    オフの日の過ごし方にも言及。「ガッツリ家にいるタイプですね」と明かし、「必要がなければ出かけないです」。
    番組MC・中居正広(49)に「だから(自分の私生活の)噂を聞かないじゃないですか、いろいろ?」と投げかけ、「休みの日って朝早く起きちゃいませんか。だからお昼寝とかする、それが超幸せじゃないですか。今からお昼寝しちゃおうみたいな」と話していた。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/397b019029f789a99b6b9f7dbc05e5c44da922b5


    【【ありゃりゃー!】天海祐希 ぶっちゃける・・・!!!】の続きを読む


    怖そうだもの・・

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/10/23(土) 14:13:41.04

    10/23(土) 13:54
    デイリースポーツ

    泉ピン子 えなりかずきと「絡まない」のに“共演NG”疑問 「誰のおかげで」
     泉ピン子
     女優・泉ピン子(74)が23日、歌手・和田アキ子がパーソナリティーを務めるニッポン放送「ゴッドアフタヌーン アッコのいいかげんに1000回」に5年8カ月ぶりにゲスト出演し、俳優・えなりかずき(36)との“共演NG”について触れた。

     和田が「一時期、週刊誌で、子役のえなりかずき君がピン子ちゃんののいじめがあって…」と、TBS系ドラマ「渡る世間は鬼ばかり」で、えなり側の意向で泉との共演がなくなったことについて話題を振った。

     泉は「悪いけど、えなりと私は絡まないのよ。私は膨大に出てるし、膨大なセリフがある。人のことはどうでもいいのよ、悪いけど。その日のうちに何十シーンも撮らなきゃいけないし。人のことは覚えてないのよ」と話した。

     同作で2人は母子を演じたが、同作脚本家の橋田壽賀子さんが生前、雑誌の取材で「一緒に出ると、えなり君が発疹が出たりする」などとえなり側が“共演NG”の意向を示していたと告白。泉は、えなりと絡むことが少ないにもかかわらず共演NGにされたことを疑問視し「誰のおかげで、ああいうガキも本当に」とあきれたように語った。

     橋田さんからも「何があったの?あんた」と聞かれたといい「私はまったく知らないし、共演者、スタッフが、ほとんどあなたは話してないでしょうって。でも共演者の1人が(えなりが)ちょっとマズったことを大阪の番組で言っちゃって、それが引きずって仕事がなくなって、ピン子さんのせいにしたんじゃないかって」と証言したことも明かした。和田は「えー!」と驚いていた。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/bba0a6d664cfe9e16ad7f80f41a11d340e29564a


    【【これマジ!?】泉ピン子 あのガキに“共演NG”されてしまう・・・・】の続きを読む


    昔、かわいい・・・

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/10/22(金) 18:48:53.56

    10/22(金) 16:51配信
    日刊スポーツ

    主演映画「梅切らぬバカ」のトークイベントに登壇した加賀まりこ(撮影・三須佳夏)

    女優加賀まりこ(77)が22日、都内で、主演映画「梅切らぬバカ」(11月12日公開、和島香太郎監督)のトークイベントに登壇した。

    加賀は、2004年に、6歳年下のテレビ関係の男性との交際を報じられており、事実上の結婚生活をしていると明かしていた。

    交際当初を振り返り、「18年も経つので忘れましたけど、自閉症の子供を抱えていたので、そっちが1番大変なことで、しかも、仕事もしていましたし、恋愛どころじゃなかったんだと思います。私は(彼と)15年ぶりぐらいに一緒に仕事をして、『なんてこの人はいい顔になったんだろう』って思って、ノックしたんですけど、なかなかOKしてもらえなくて。5年かかりました。でも、今は時間をかけてとてもよかった。毎日とても穏やかに暮らしてますので」と笑顔を見せた。

    同映画は、母親(加賀)と自閉症を抱える息子(塚地武雅)が、社会の中で生きていく様を温かく誠実に描いた物語。

    加賀はオファーを引き受けた理由について「自閉症の息子が近くにいるものですから、そんなに違う日常でもなかったので、『やれるかもしれない』って思った。映画の中で淡々と日常があるわけですから、その中で私が母として生きていられればいいなっていう思いで引き受けました」と語った。

    だが、引き受けた直後に、「たった2週間で撮影する」と、撮影期間の短さを知ったという。「『全然予算もありませんので、通常のお値段よりもずっと割安になります』って聞いて、『しまったな』って思いました(笑い)。でも、もう引き受けた後だったので、もうどうにもならなかったです」と話し、笑いを誘った。2週間で撮影しきるというのは「結構大変なことで、驚きましたけど、久しぶりに背筋がぴんと伸びました」と笑顔を見せた。

    同映画を通し「街で、障がいのある人をもし見かけたら、手を差し伸べなくてもいいので、ほほ笑んでやってください。それだけお願いします」と力を込め呼びかけた。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/a62ec1548fd03c136cc08382da4bbd2fc017b1ab


    【【マジすか!?】加賀まりこ 家庭内の衝撃の秘密を暴露・・・!!!】の続きを読む


    内助の功

    1 Anonymous ★ :2021/10/22(金) 20:08:24.12

    佐々木希が、日本テレビ系の大みそか特番『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!笑ってはいけない』シリーズの休止決定に責任を感じ、「禊のバーター濡れ場」出演を決意したとささやかれている。

    「日テレは9月20日、2006年に始まった大みそか恒例の『笑ってはいけない』を、今年は休止すると発表しました。コロナ禍で撮影が難しくなったことや、15年の節目を迎えたことが理由とされていますが、佐々木の夫で、昨年6月に発覚した不倫問題で活動休止状態のアンジャッシュ・渡部建をめぐる〝情報漏洩〟騒動も一因と噂されています」(芸能記者)

    渡部は昨年の同番組で復帰する計画があったが、出演情報が事前に一部で報じられ、結局お流れに。その件で『ダウンタウン』の松本人志が情報漏れに激怒し、休止決定の一因になったとも言われている。

    夫・渡部建の「復帰計画」漏洩で

    「佐々木サイドの関係者から情報が漏れた可能性を報じたメディアもある。真偽は不明ですが、渡部の復帰問題が『笑ってはいけない』休止の引き金になったとも言われることに、佐々木は責任を感じているそうです。〝私でつぐなうことができれば〟と関係者に非公式に打診しているというのです」(芸能プロ関係者)

    複数の関係者によると、佐々木は過激露出や濡れ場の仕事を、ある種の〝バーター〟として日テレで受け、夫の〝失点〟をカバーすることすら考えているというのだ。

    「日テレドラマか、同局関係の映画、配信作品などで脱ぐこともいとわない姿勢を見せているそうです。実際、17年9月に配信が始まった動画配信大手Huluのドラマ『雨が降ると君は優しい』ではSEX依存症の妻役を熱演しました。Huluは日テレ系のため、再び配信作品で過激濡れ場を披露し、『笑ってはいけない』休止のバーターに当てるという流れはあり得ますね」(同・関係者)

    佐々木をめぐっては、4億円の新居を単独購入したと報じられていることから離婚説も浮上。一方で、3歳長男がいることや、女優としてのイメージを維持するためなどの理由で「関係継続を決意した」との見方もあり、情報が錯綜している。

    「9月3日開幕の舞台『醉いどれ天使』を千秋楽公演まで完走し、女優としてさらに成長した。しばらくは夫を支えつつ、演技に力を入れていくとみられています。それだけに、〝みそぎ濡れ場〟は十分期待できるというわけです」(スポーツ紙デスク)

    内助の功で、ここまでやるのは前代未聞だ。
    https://weekly-jitsuwa.jp/archives/36062



    松本人志、激怒『笑ってはいけない』休止へ...佐々木希、責任を感じ「前代未聞」セクシー出演か
    https://ima.goo.ne.jp/word/206063/


    【【これガチ!?】佐々木希 夫の“失点”を○○○でカバー・・・!!!】の続きを読む

    このページのトップヘ