おもしろがり速報

芸能ニュースや旬なニュースをまとめてお届けします。
芸能人、有名人、アイドルの噂やスキャンダルなど
おもしろネタや記事を配信します。

    カテゴリ:芸能 > タレント


    一生懸命さが仇になる・・

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/12/03(金) 19:39:07.23

    12/3(金) 10:02
    FRIDAY

    伊集院光 パワハラ報道以外にもあった「プロデューサー謝罪騒動」
    アシスタントへのパワハラ騒動が飛び出した伊集院光。レギュラー番組『らじおと』の打ち切りも噂されているが…
    突如飛び出した伊集院光のパワハラ疑惑と、人気ラジオ番組の打ち切り報道。番組で共演していたアシスタントに対するパワハラ疑惑を最初に報じたのは、『女性セブン』(9月30・10月7日号)だった。同誌によると8月23日、伊集院がパーソナリティを務めるTBSのラジオ番組『伊集院光とらじおと』でアシスタントのフリーアナウンサー・新井麻希に、

    「いま新井は降板スレスレのラインだから!」

    と怒声を浴びせたというのだ。

    その翌週、新井アナが不在のまま2週間にわたる夏休みをとることが伊集院の口から発表された。そして新井アナが復帰するタイミングで今度は伊集院が2週間の夏休みをとることに。その後、新井アナは9月20日の放送をもって番組を降板するのだが、降板までの流れに違和感を覚えない人はいないだろう。

    降板が決まってから、4年間も一緒に仕事をした“同僚”と一度も顔を合わせることもなく番組を去っていくという事態は確かに尋常ではない。同誌によれば新井アナが降板に至った原因が“伊集院のパワハラ”にあったということなのだが、伊集院は同誌の取材に対して「パワハラは一切ない」と否定している。

    ところがTBSラジオの関係者に聞くと、

    「昔は厳しい指導や愛のムチと捉えられたかもしれませんが、伊集院さんの新井さんに対する“指導”は、いまの時代ならパワハラと見られても仕方ないですね。伊集院さんは声も大きく、独特の口調ですから普段から怒鳴られているように感じることもありますが、いつごろからか、新井さんに対するダメ出しが増えて、ちょっと可哀想な気がしていました」

    新井アナに対する“指導”が目立ち始めたのは昨年春ぐらいからで、最近は一段と口調がキツくなっていたという。

    本人にその気がなくても、立場が弱い人間からしてみればパワハラとなる事例はよくあり、伊集院の話もその類なのかと思っていたところに、番組打ち切り報道が持ち上がる。一部スポーツ紙が報じたところによれば、『伊集院光とらじおと』が来年3月に打ち切りとなる方向で調整が進んでいるという。

    打ち切りの理由として囁かれているのが新井アナに対するパワハラがきっかけなのだが、事態はもう少し深刻だったようだ。別のTBSラジオ関係者によると、

    「たまたま新井アナの件が露見しましたが、伊集院さんのパワハラ的な振る舞いは今に始まったことではないんです。徹夜して台本を作り、伊集院さんのところに持っていくと“こんなんじゃダメだろ”と何度も強い口調でダメ出しされることが多く、疲弊している人もいました。新井さんだけではなくスタッフに対しても厳しくて、休みをとったり、辞めたりしたスタッフも一人や二人じゃないです。局内では有名な話ですが、プロデューサーの“土下座騒動”もありました」

    “土下座騒動”とは何だったのか。それは番組内の“営業もの”というスポンサーが関係する、リスナーへのプレゼントコーナーや提供スポンサーを告知するコーナーに伊集院が難色をしめした時に、プロデューサーが土下座といってもいい勢いで頼み込んだというのだ。

    『女性セブン』では今年3月に起きた“LINE事件”を報じている。それは伊集院も見ることができるグループLINEに番組スタッフが誤って彼に対する愚痴を投稿してしまったというのだが、スタッフの不満が爆発したのはこれだけではなかった。局員だけでなく制作会社の人間も閲覧できるネットワークメールにスタッフからのSOSが書き込まれたこともあったという。

    『伊集院と〜』のスタッフはこれまでじっと我慢していたわけではない。いま、どこの企業もコンプライアンスが厳しくなっている。スタッフは局側にパワハラがあることを訴え続けていたが、今まで積極的な手が打たれることはなかったという。

    同番組は人気もあり聴取率もいい。多少のことには目をつぶっても仕方ないという気持ちもあったのだろう。ただ、今回、新井アナの件が報じられたことで、局側も動かざるをえなくなったようだ。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/c6a5d6bd938c32c040bd28d5865ba8838f69f582


    【【なんでだ!?】伊集院光 いよいよ失脚か・・・wwwww】の続きを読む


    美味しそう・・・

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/12/02(木) 14:05:25.91

    12/2(木) 13:55配信
    日刊スポーツ

    EU食材のイベント発表会に出席した藤本美貴

    EU食材のPRイベント「ENJOY EU クリスマス・ヴィレッジ」(3~12日、東京・二子玉川ライズガレリア広場)の開催を前に2日、同所で記者発表会が行われ、タレント藤本美貴(36)と料理研究家の脇雅世さんがトークショーを行った。

    家庭での料理について藤本は「子どもが食べたいものを優先するといつも同じ味付けになってしまう。大人はおしゃれなものを食べたいので、EU食材が意外と食べているものが多いことに気が付きました」。

    この日は脇さんが、EU食材と日本食材を使った料理として「キャベツとオイルサーディンのぽん酢がけ」と「そばだんごのコンテチーズ乗せ」を披露した。試食した藤本は「めちゃくちゃおいしい。キャベツの甘みとサーディンの塩みがマッチしている。そばの香りが感じるし、いい感じにおしゃれでおいしい」と評した。

    藤本はさらに、藤本家の夕飯の人気メニューを紹介。1位は鳥肉と大根の甘辛煮、2位はタッカルビ、3位は鳥つくねだという。夫の庄司智春が鍛えていることもあり「見事にチキンが多いですね」と笑った。

    脇さんから、タッカルビのチーズを加えることや、鳥つくねにベーコンやサラミを混ぜることを提案されると「EU食材は身近でしたね。日々作っていると自分の味にあきてくるので、味ヘンにもなるかもしれませんね」。

    料理をするのは藤本が多いが、仕事のときなどは庄司が作ってくれるという。「チャーハンとかオムライスとか。だんなはチャーハン丸く盛り付けてくれるし、オムライスもたまごをまいてくれる。男の人が作るとこだわってくれる」。子どもたちはママのご飯をおいしいといってくれるといい「疲れているので、今日はテークアウトにしようといっても、ママのご飯食べたかったというんです」。

    EU食材については「今回いろいろと教えていただき、EU食材が身近だとわかりました。EUの27カ国に出回るということは、安心安全じゃないとダメだということ。今度は、産地の国を想像することでも興味がわくと思います。生ハムとかお酒のおつまみだと思っていたけど、味ヘンに使えるとわかりました」。

    同イベントでは、EU27カ国の食材と日本食材のペアリングメニューが無料で試食できるほか、EU食材を使ったワークショップやペアリングレシピを紹介するセミナーも開催される。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/74ac4e303032dc35fd2da7dc31e3c0e2575491cd


    【【どひゃーー】藤本美貴 教えたがり度MAX・・・・・】の続きを読む


    北京五輪ね・・・

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/12/03(金) 21:19:14.47

    12/3(金) 20:48配信
    デイリースポーツ

     古市憲寿氏

     社会学者の古市憲寿氏が3日、ツイッターを新規投稿した。2日のフジテレビ「めざまし8」に出演した際の五輪に関する発言が、過去の発言と矛盾すると非難されていることに対して反論。「とっくに絶滅したと思ってたけど、まだネットニュースの見出しに踊らされるような賢くない人っていたんだ笑」と皮肉った。

     2日の同番組では、中国の元副首相に性的関係を強要されたと訴えた彭帥選手の安否が懸念される問題で、女子テニス協会(WTA)が「香港を含む中国でのトーナメント開催をただちに中止する」と発表したことを扱った。

     放送ではまず、前大阪市長の橋下徹氏が「スポーツ選手には申し訳ないが、人権問題にきわめて疑念があるようなところでは、スポーツの交流も全部止めるべきでしょ」と持論を述べた。

     それに対して、古市氏が橋下氏に「北京五輪ってどう思います?かつてボイコットとかあったじゃないですか北京五輪迫ってますけど、各国は参加すべきかどうかというのは」と問いかけた。

     橋下氏は「古市さんと違うかもしれないけど、政治的な紛争で選手が犠牲になるのはよくないと思うんですけど、人権侵害の問題については五輪は止めるべきだと思いますよ。スポンサーもお金出すべきではない。というのは、民間企業の取引でも、取引をやるなということになっているわけですから、スポーツの分野でも僕はそう思うんだけど」と主張。「古市さんはそこはどう?」と逆に問いかけた。

     そこで古市氏は、「僕はやっぱり、五輪は平和の祭典という名目じゃないですか。もちろんそれはお題目ではあるんだけれども、仮に戦争が起こっていても人々が一カ所に集って祭典をしましょうっていう理念って、すごく大事だと思う。だからどんなことがあっても五輪はやってもいいんじゃないかなと僕は思うんですけど」と意見を述べた。続けて「五輪自体はなくてもいいと思っているんですけど、本当はね」と付け加えている。

     橋下氏はそれを受け、戦争は政治的な見解のぶつかり合いだが、彭帥選手の問題はより深刻な問題で、完全な政治権力の乱用問題として「平和の祭典だったとしても止めるべき」と強調した。

     古市氏はこの日の発言をもとにした記事の「古市憲寿氏『五輪は平和の祭典。仮に戦争が起こっていても人々が一カ所で集って祭典をしましょうっていう理念はすごく大事』」という見出しと、今年6月に出演した番組で「そもそも五輪はいらない」と発言した記事の見出しを並べられ、「開催国が日本と中国でここまで扱い変わると草通り越して、精神が心配になる。」と批判されていた。ほかにも「ダブルスタンダード」などと指摘されていた。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/6dbf859ad53a74ae13f285867fe345ff054386dd


    【【あれぇ!?】古市憲寿氏 まったく反論になってなくね?】の続きを読む


    するよな・・・

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/12/03(金) 08:23:44.78

    12/3(金) 5:00
    日刊スポーツ

    梅宮アンナ 走行中、前の車から「絶対にやってはイケナイ行為」の被害
    梅宮アンナ(2015年5月撮影)
    タレント梅宮アンナ(49)が2日、インスタグラムを更新し、車を走行中に前の車による「絶対にやっては、イケナイ行為」の被害を受けたことをつづった。

    梅宮は買い物の帰り道の際のこととして、「前の車に、走りながらウォッシャー液を出されてワイパーやられて、それも、2回も。私の車は、そのしぶきを浴びた」と報告。「絶対にやっては、イケナイ行為なんだけど」と断じ、「走りながらフロントガラスを綺麗にする行為。たまにあります。この様な事をする人の後ろになる事」とつづった。

    梅宮は「止まっている時、周りに誰もいない時にやるべき事なのに。。」と意見し「自分さえ良ければいいって人が目立つな。。最近は。。相手を思いやれない人。本当に嫌です。プンプン丸でした」と心境を明かした。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/c327c1f80a0325996552371a850fc010fe76b09a


    【【あらら!?】梅宮アンナ ブチギレ!!!これはシャーない・・・】の続きを読む


    怖かったろうね・・・

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/12/01(水) 23:26:53.57

    12/1(水) 21:35
    ENCOUNT
     
    「まさかまさか首都高から一生出られないと思わなかった」と反省

     タレントの中川翔子が1日、自身のYouTubeチャンネル「中川翔子の『ヲ』」を更新。愛車のメルセデス・ベンツの電気自動車「EQA250」での初首都高速道路に“挑戦”する模様を紹介した。

    「絶対にこのメルセデスさまに傷を1つも負わせてはならぬというミッション。う〜ん、怖いですね」と不安な表情を見せながらもチャレンジした今回の動画。愛車・ベンツでは初の“首都高アタック”とのことだ。

     中川が不安げな表情でがっちりと両手でハンドルを握りながらも運転する様子を捉えた動画。車のナビに頼りながら、無事に一般道から首都高に乗り込んだ。

     ナビが出口を「まもなく左方向です」と案内するも中川は、まったく反応できず。降りる予定の出口を通り過ぎてしまった。その後も目的地の銀座を目指す予定が逆方向へ走行を続けていく。

     次の仕事の現場の銀座には30分で到着予定のはずが、1時間以上の時間を要することとなってしまった。車を降りた中川は「まさかまさか首都高から一生出られないと思わなかった」と苦悶(くもん)の表情を浮かべていた。

     この動画には「運転しているしょこたん、可愛い」「首都高なんて、緊張しますよね!」「見ているだけで凄く手に汗握りました」「なかなかな迷子ぶりにワロタ」「見てるだけで怖いw」「ハンドルの握り方で、運転不慣れなのが伝わる!」などのコメントが寄せられている。

    【動画】「見ているだけで凄く手に汗握りました」の声も…中川翔子がベンツでの初首都高に挑んだ実際の様子

    (出典 Youtube)


    https://news.yahoo.co.jp/articles/4b14771c38c5c8c3131bcc2d4df344962d27d2ea


    【【あれぇ!?】中川翔子 苦悶…まさかまさか・・・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ