おもしろがり速報

芸能ニュースや旬なニュースをまとめてお届けします。
芸能人、有名人、アイドルの噂やスキャンダルなど
おもしろネタや記事を配信します。

    カテゴリ:芸能 > ユーチューバー


    掘り起こせばいろいろ出る

    1 potato ★ :2021/07/24(土) 10:53:20.02

     人気ユーチューバーのシバター(35)が東京五輪開会式演出を担当していた元「ラーメンズ」の小林賢太郎氏(48)の解任プロセスに関して疑問を呈した。

     シバターは23日に自身のユーチューブチャンネルでタイトル「ラーメンズ小林賢太郎が炎上したけど、東京五輪おかしいよ…」で動画を公開。

     同問題では小林氏が過去にホロコーストを題材にコントをしていたことを、中山泰秀防衛副大臣が米国のユダヤ人人権団体に報告したことなどが明らかになっている。

     シバターは「オレの率直な意見としてね、これは小山田さんの時とは違うだろうと、これはちょっと違うんじゃないの? オリンピックに携わる人間として、そういうネタが過去にあったのはよくないのかもしれないけど、政府の見解なり、方針なりを防衛副大臣がまず、確認してから、だったんじゃないの? 何か大事なことをすっ飛ばして、動いたんじゃないのかって思ったね」と切り込んだ。

    「お笑いのコントの言葉尻を一つとらえて、そんなことを言い出すんだったら、もはや、小説家も音楽家もお笑い芸人も表に出て、自分の考え、面白いこと、かっこいいことを発表する職業の方々はオリンピックに一切使えないよ。だって、お笑い芸人なんて、不謹慎な事をあえて言うっていうのが、日本、アメリカもそうだけと、お笑いの一つとしてあるから。それをダメっていったら、もう何もできない。誰も起用できないよ。だから今回はやりすぎかなと。小林さん、かわいそうかな」とシバターは疑問を投げかけた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/a8e595d8e1c3cb1f3a2f2ed291e798f75b6c4e72
    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1627015442/


    【【あひゃーー】シバター小林解任に疑問!「東京五輪おかしいよ・・・」】の続きを読む


    感謝大事だね

    1 muffin ★ :2021/07/19(月) 14:37:43.59 ID:CAP_USER9.net

    https://taishu.jp/articles/-/95882?page=1

    元NEWSでYouTuberの手越祐也(33)が18日、インスタグラムのストーリーズを更新。ファンからの質問に答える中で、かつてレギュラーを務めていたものの昨年6月にジャニーズ事務所を退所した際に降板となった『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)についての思いを明かした。

    この日、手越は「外暑いし出れないし質問返せたら返す~」とファンに呼びかけ、寄せられた質問に回答。「イッテQもう出れないの?」という質問には「毎日周りへの感謝を忘れずにコツコツ頑張ってれば願いは叶うと思ってるので諦めてないです」と現在も復帰を諦めていないと説明。

    また、「芸能人の方で尊敬してる人は誰ですか?」という質問には「たくさんいるよ? 今頭の中に浮かんだのはイモトアヤコ」と、『世界の果てまでイッテQ!』で共演していたお笑いタレントのイモトアヤコ(35)の名前を挙げた。

    さらに、「ジャニーズでイケメンTOP3教えてください!」という質問には「山田涼介 佐藤勝利 中島健人」と回答し、「彼女いますか?」という質問には「はい。います。ファンという彼女が」とかねてよりファンサービスがすばらしいといわれている手越らしさ全開で答えていた。

    昨年6月にジャニーズ事務所からの退所会見を開いた際には「日本テレビさんもジャニーズ事務所と深い関係だったりとか、いろんな関係値が僕以上にあると思っているので、(退所を機に)この番組からいなくなるという判断を日本テレビさんとジャニーズ事務所間でしたならば、そこには僕自身従わなきゃいけないし、そういう覚悟で独立を3月から決めていた。もちろん悔しいし、悲しいし『イッテQ!』でいつまでも海外ロケに行っていたかった」と話し、『イッテQ!』への未練がある様子だった手越。退所から1年が過ぎたが、ふたたび手越を『イッテQ!』でみられる日は来るのだろうか。


    【【リッパ】手越祐也『イッテQ』復帰目指す!感謝忘れずガンバル】の続きを読む


    やったことが許されない

    1 ひかり ★ :2021/07/16(金) 21:45:21.66 ID:CAP_USER9.net

     2ちゃんねる創設者のひろゆきこと西村博之さんが16日、自身のツイッターを更新。東京五輪開会式での楽曲制作を担当するミュージシャン小山田圭吾が過去の雑誌インタビューで障がいを持つ同級生らへのいじめを告白したことが問題視され、自身のSNSで謝罪したことについて「『謝罪してないから責める』派の人って、これで責めなくなるのかな?」とツイートした。

     小山田はこの日、コーネリアス名義のツイッターで「多くの方々を大変不快なお気持ちにさせることとなり、誠に申し訳ございません。心よりお詫び申し上げます」などと謝罪。



     西村さんは「あんまり責められる量は謝罪しても変わらないんじゃないかと予想してるおいらです」とつぶやき、問題の沈静化にはつながらないとの見方を示した。

     西村さんのフォロワーからは「変わると思います。匿名の批判は変わらないけど、名前出しての批判はぐっと減ると思う」「いじめてた過去とオリンピック関係ないですよね」「謝る相手は世間じゃなくて被害者だからね。世間に謝っても変わるわけないやん」などさまざまな声が寄せられた。
    中日スポーツ

    https://news.yahoo.co.jp/articles/4398ae6d3dac4f150e9cb55b8623efabc9446031


    【【あるある!】ひろゆき氏、「過去イジメ謝罪しても責められる」】の続きを読む


    先を読む

    1 シャチ ★ :2021/07/16(金) 22:26:14.35 ID:CAP_USER9.net

    舌鋒鋭い発言で知られ、時に“論破王”ともいわれるひろゆき氏。議論に強くなり、人間関係やコミュニケーションでストレスをためないためのコツを著書『無能力』から一部を抜粋・再構成して紹介します。

    ■会話は返しを想定しながら

     じつは、議論で選択できる反論パターンというのはそんなに多くありません。

     普通に会話していても、「相手がどんな返しをするのか」ということは、ある程度想定しながら話していますよね。裏を返せば、「いい天気ですね」に対して「うんこ食べたいですね」と返ってくることは、想定していないわけです。普通は「はい、そうですね」とか「いいえ、違いますよ」とか、まず肯定か否定かの二択から入って、そのあとで会話の材料を小出しにしていきます。

     「こういう球がきたら、こういう球を返そう」と想像しながら話していると、反射的に投げる球も決まってくるわけです。

     要するに、自分が話している最中から相手が何を返してくるかある程度想定して、次に投げる球を用意しておくわけです。

     たとえば、おいらはスイカに塩をかけるのが嫌いなのですが、スイカに塩かける派の人は、よく「塩をかけるとスイカが甘くなる」と言います。塩じたいは甘くないから、甘くなるというのは当然ながら「ウソ」ですよね。

     まず、「別にスイカじたいは甘くなっていないじゃないですか?」という「事実」の球を投げます。ただその球に対して、「でも、スイカが甘く感じるからこっちのほうがおいしい」という球が返ってくるのは、すでにわかっているわけです。

     甘くなる派のほとんどは「うちの家では……」というような「習慣」に基づいているわけです。つまり、別に甘くなるから、おいしくなるからではない。

     そこで、「じゃあ、イチゴに塩かけます?  じゃあ、チョコレートに塩かけます?  それって、習慣だけじゃないですか?」という反論を用意しておくわけです。これで相手は「う~ん」と言葉に詰まって、「はい、終了」です。(以下ソースで)

    7/15(木) 13:01配信 東洋経済オンライン
    https://news.yahoo.co.jp/articles/90b643eca003477269b7dd33a666650e69ee1e79
    2021/07/16(金) 21:00:52.69
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1626436852/


    【【うーーーん】ひろゆき氏、暴露!相手に反論させない会話のコツ】の続きを読む


    思い出さないようにする

    1 シャチ ★ :2021/07/14(水) 22:36:48.39 ID:CAP_USER9.net

    7/14(水) 6:01配信 ダイヤモンド・オンライン
    https://news.yahoo.co.jp/articles/f6b11c520371f98a9a31e898a390680b393ed0ba

     ――多くの人の悩みは「嫌なこと」に関することが多いですよね。

     ひろゆき氏:そうですね。でも、よく話を聞いてみると、「自分のせい」でもあるんですよね。

     ――どういうことでしょうか?

     ひろゆき氏:「嫌なこと」って、嫌だった「事実」だけなんですよね。それは客観的に見ればわかります。たとえば、人とぶつかって痛かったら、「痛みが生じたこと」が事実です。お店で出てきた料理がおいしくなかったときは、「800円損した」が事実です。

     人の悩みの話を聞くと、この「事実」の部分だけを見ることができます。でも、これが自分のことになると、さまざまなことがくっついてくるんですよ。

     ――どんなことがくっついてきますか?

     ひろゆき氏:さっきの例で、ぶつかった相手の場合、「謝ってこないのが気に入らない」「自分の苦手な顔をしていた」「着ていた服が気に入らなかった」「隣にいた彼女も許せない」……、というふうに、考えれば考えるほど、「嫌なこと」が膨らんできます。

     おいしくない料理もそうです。「せっかく遠出したのに」「他の料理と迷ったのに」「お腹を空かせて歩いたのに」「食べログを見ればよかった」「お店に入った瞬間に雰囲気がよくなかった」……、というようなことが頭にどんどん出てくるんですね。

     そうやって、「嫌なこと」は「自分のせい」によって、どんどん大きなものになっていきます。事実の雪玉が転がっていって、どんどん大きな雪だるまになっていき、最後は怒りや悲しみで何も手につかなくなってしまうんですよね。それって、「ある対処法」によってセルフコントロールすべきだと思うんです。

    ● 「事実はなんだっけ?」
     ひろゆき氏:まず、やるべきことは、「事実」だけを見ることです。「肩にあたって痛かった」「まずい飯で800円損した」。それだけを考えます。頭の中で、「事実はなんだっけ?」と振り返ってみて、紙に書いたりしてもいいでしょう。

     ――ひろゆきさんの場合は、それを無意識にやっているんですかね?

     ひろゆき氏:そうですね。悩み相談をする人は、人に話すことによって、それをやるわけです。自分1人でできない人が多いんですよね。人から「それって、○○なだけだよね?」と言われて、ハッと気づくんです。

     ただ、世の中には「愚痴を言いたいだけ」「聞いてもらいたいだけ」という人も多くいます。人とぶつかった話をしたときに、「そいつの顔が気に入らなくてさ~」「隣の彼女の態度も許せなくてさ~」ということを話したくてしょうがないんです。

     その場合、その人は「対処法」を求めているわけではありません。「わかる、わかる」「そうだよね」「ムカつくよね」と、「共感」を求めているだけです。ちなみに、ここがよく男女の話が噛み合わないポイントだったりします。男女に限らず、「対処法を求める人」と「共感を求める人」は、そもそも会話が成り立たないので、相手がどっちのパターンかを見極めるのが大事です。

    ● 「ポジティブ」になるのは無理だから
     ――よくある話ですね……。

     ひろゆき氏:で、ここで取り上げているのは、「嫌なことをどうにかしたい人」ですよね。つまり、対処法を求めている人です。

     その場合は、「事実だけを見るようにする。そして、さっさと他のことを考える」。

     これしかないですよね。事実にくっついてくるモヤモヤが頭の中に出てくるときも、「事実はなんだっけ?」と立ち返るだけです。「嫌なこと→事実を考える」というように、すぐに思考できるようにすることです。これはクセにするしかないですよね。

     ――すぐにはできないかもしれないですね。

     ひろゆき氏:「ポジティブになれ」と言っているわけではないんですよ。人とぶつかったときに、すぐに「よかった~。ケガしなかった~」と考えるような人もいますが、それはおそらく「性格」や「遺伝」によるものでしょうね。楽観的な人は、元から楽観的ですから。あまりそういう人のアドバイスは役に立ちません。

     そうではなく、事実の解釈を変えるだけですから、ネガティブ思考の人だったり、うつっぽい人だったり、自分に自信がない人だったりしても、おそらくできることだと思いますよ。(以下ソースで)


    【【ナットク】ひろゆき氏、論破!「嫌な事を忘れる方法・・」】の続きを読む

    このページのトップヘ