おもしろがり速報

芸能ニュースや旬なニュースをまとめてお届けします。
芸能人、有名人、アイドルの噂やスキャンダルなど
おもしろネタや記事を配信します。

    カテゴリ:芸能 > キャスター


    前向き、大切・・

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/09/11(土) 18:08:54.86 ID:CAP_USER9.net

    9/11(土) 15:10
    telling,

    ホラン千秋、キー局アナや制作は全敗。それでも「前向きに捉えられた」理由
    写真:岡田晃奈
    キャスター、MC、女優、「Drive Discovery PRESS」のパーソナリティー……。マルチな活動を続けるホラン千秋さんに、ご自身の転機やコロナ下でのコミュニケーションなどについてお話を伺いました。

    キー局のアナウンサー・制作の採用試験は全敗

    ――様々な分野で活躍する素地は、どのようにして形づくられたのでしょうか。

    ホラン千秋(以下ホラン): さかのぼれば、高校時代から好奇心の種まきをしていたのかもしれません。私は、ものすごく自由な校風の都立国際高校に通っていました。生徒の自主性が重んじられていて、学校行事の企画・運営は生徒一人ひとりが一から考え、話し合い、実行していきます。先生も必要な時にはもちろん助けてくれますが、基本的には生徒たちの判断で物事が決まっていくので、自分で考えることを求められる高校生活でした。

    そして大学3年生で米・オレゴン州立大へ留学。海外の学生たちと生活し、違う価値観に触れたことで、自分の当たり前が、他の人にとっては必ずしも当たり前でないと思い知らされたんです。また、「できないと決めつけず、やりたいのならなぜ挑戦しないの?」と、自分で決め付けていた自身の限界を取り払う勇気もくれました。意見を主張して、活発な議論を行う現地の学生たちを見て、はじめは圧倒されましたが、埋もれないために「私も声をあげなきゃ」と刺激を受けましたね。いろいろな人と世界に触れた高校の3年間と留学の1年は、“自分の関心の幅を広げてくれた”という重要な意味を持っていると思います。

    ――6歳からモデルとして活動を開始し、その後は役者を目指したものの、オーディションには通らない日々が続いたと聞きました。転機はあったのですか。

    ホラン: やはりアメリカ留学ですね。そもそも演技を勉強するために留学したのですが、演技以外にも演出や大道具、照明など様々な授業を受講して、多角的に演劇を学びました。視野が広がったことで、役者以外にも興味を持つようになったんです。

    ただ、すぐにお仕事がいただけるようになったわけではありません。留学から帰ってきてからは、就活にも挑戦しました。しかし民放キー局のアナウンサー試験と、留学を経て興味を持った制作の採用試験は全敗。でもこの結果は「芸能界で頑張れ」ということだと前向きに捉えられましたね。留学を通じて様々な境遇の人と意見を交わすことで、「話す」ことの魅力にも気づきました。

    だから、お芝居だけでなく、可能性を広げるためにタレントやキャスターのオーディションにもチャレンジ。するとだんだんとお仕事をいただけるようになったんですよ。お芝居という形でなくても、「何かを伝える仕事」であったら、やりがいを感じられるのではないか――。その予感が少しずつ確信に変わっていきました。お芝居でなければ夢を叶えられないと思っていた自分が変わるきっかけになったのは、間違いなく留学だったと思います。

    全文はソース元で

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/f8c94edc71c233f5766c31b71cb9a44bd1499648


    【【うわお!】ホラン千秋、採用試験は全敗!それでも「前向き」な理由】の続きを読む


    横断達成、ホントスゴイ!

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/08/24(火) 12:29:13.33 ID:CAP_USER9.net

    8/24(火) 11:00
    デイリースポーツ

    辛坊治郎氏「ここで死ぬのかな」 ヨットで太平洋往復横断で九死に一生
    到着し涙ぐむ辛坊治郎氏
     ヨットで太平洋を往復横断中のキャスター、辛坊治郎氏(65)が24日の午前9時19分、大阪に到着。往復約2万キロ、日本出発から137日目で、ついにゴールの瞬間を迎えた。

     港には歓迎の花火も打ち上げられる中、辛坊氏は、涙を拭いながら「もう少し、淡々としようと思っていたんだけどね」と照れ笑い。4カ月に及んだ航海は、体重も15キロ減。「毎日、生きるか死ぬかでした」と振り返った

     サンディエゴに着く4日前には、セールをしまっている際に風に煽られた。「吹っ飛んじゃったんですよ。あ、しまったと思うんですけど、空中を飛んでるわけですからね。取り返しがつかない」と説明。

     たまたま、ボートのロープに足が引っ掛かって九死に一生を得たと言い、「運が良かったのがね、ボートのロープに引っ掛かったんです。人間いつかは死ぬというのは当たり前ですが、こんなに毎日、毎日、感じたことはなかったね」と豪快に笑った。

     他にも、右足の中指を骨折。曲がった指を見せながら「足の指が折れたくらい死なないですから。どうってことない」とサラリ。ただ、最大のピンチは、持病の高血圧で常備していた薬の不足だったようで、「高血圧の薬を6カ月分持っていたつもりが、足らなくなった。途中から錠剤を半分にして。夜寝ると心臓がドキドキ言うんです。ここで死ぬのかな…と思っていました」と、壮絶な4カ月間を赤裸々に振り返った。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/baafbfd2424e387af5bd173a92dcd8b11c470889


    【【スゲーな】辛坊治郎、赤裸々告白!壮絶な4カ月間「ここで死ぬのかな」】の続きを読む


    収入ヤバッ

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/07/10(土) 09:02:45.53 ID:CAP_USER9.net BE:119634755-2BP(0)


    (出典 img.5ch.net)

    7/10(土) 6:15
    東スポWeb


    元NHK大越健介氏「報ステ」新キャスターで年収は別次元! 政界転身は完全消滅
    秋からテレ朝の顔となる大越氏
     先月末にNHKを定年退職した大越健介氏(59)が10月から「報道ステーション」(テレビ朝日系)のメインキャスターを務めることになった。突然の退職劇にNHKとのケンカ別れ、衆院選出馬もウワサされた大越氏だが、華麗なる転身に成功した。

     大越氏は長く政治記者を務め、ワシントン支局長を経て、「ニュースウオッチ9」のキャスターに就任。お茶の間の顔として、評価は高かったが、2015年に降板。当時、安倍政権批判ともとれる姿勢に官邸からNHK上層部に横ヤリが入ったともいわれた。以来、NHK内で干されたとの見方もあった。

     そんな大越氏の退職が明らかになると、永田町では政界転身かと騒がれた。

    「大越さんほどの実力ならNHKに残ることもできた。タイミング的に衆院選が間近で、安倍政権との軋轢から不遇をかこっていただけに『立憲民主党が触手を伸ばすのではないか』『いや自民党幹部と太いパイプがあるので地元の新潟から出馬では』などと騒がれました」(野党幹部)

     ところが、フタを開けてみれば、「報ステ」で月~木曜日のメインキャスターの座を射止めた。

    「コロナ禍で各局は出演料の大幅削減に追われているが、報ステのメインキャスターとなると1回の出演料は50~100万円は堅い。年1億円以上の収入となる。ほかの局での仕事もできるし、NHK時代も給料は高かったとはいえ、軽く数倍は稼ぐことになる」(テレビ局関係者)

     また大越氏がインタビュアーを務めた渡辺恒雄読売新聞グループ本社代表取締役主筆(95)のNHK特別番組の続編が、来月放送される。NHKとも良好関係を築いたまま、フリーとして、今後も出演機会がありそうだ。

     政界に転身したとしても、選挙の洗礼に加え、60歳でも〝1年生議員〟となるため、肩身の狭い思いを強いられる。政治記者として、長く永田町の世界にいたからこそ、うまみは少ないのはよく分かっていたとも。名より〝大きすぎる実〟を取ったともいえる。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/3bd636cdaa4961c32e720352f08274a71dabafc5


    【【スゴスギ!】大越健介氏“大きすぎる実”!「報ステ」華麗なる転身】の続きを読む



    (出典 s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)


    若くてキレイ・・・

    1 湛然 ★ :2021/06/21(月) 05:17:57.87 ID:CAP_USER9.net

    雨宮塔子、中村江里子の自宅テラスで優雅なひととき 豪華2S公開が「本当に素敵です」
    6/20(日) 14:22 ENCOUNT
    https://news.yahoo.co.jp/articles/aeccac08b420502beada0b1c9febde7e78003cdf
    雨宮塔子【写真:インスタグラム(@amemiya.toko)より】
    https://www.instagram.com/p/CQUdmMYjq3o/

    h
    (出典 scontent-sjc3-1.cdninstagram.com)

    h
    (出典 scontent-sjc3-1.cdninstagram.com)

    h
    (出典 scontent-sjc3-1.cdninstagram.com)

    h
    (出典 scontent-sjc3-1.cdninstagram.com)



    「素晴らしいお時間になりましたね」

     フリーキャスターでエッセイストの雨宮塔子が20日、自身のインスタグラムを更新。同じフランス・パリ在住で、フリーアナウンサーの中村江里子の自宅テラスを訪問する様子を公開し、反響を呼んでいる。

    「江里子さんがHope&Loveの仲間たちをご自宅の素敵なテラスに招待してくださいました」とつづり、複数の写真を投稿した。

     1枚目は花束を持った中村との笑顔2ショット。2枚目以降に、テラスでの料理などを紹介している。

    「ジャスミンの香る心地よい空間でシャンパンを飲みながら楽しくおしゃべりをする至福の時間」と優雅なひとときを振り返り、「#可愛いらしい3人のお子さんたちにも会えたよ~」「#江里子さんのご自宅はアートでいっぱい」などとハッシュタグをつけた。

    (※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    (出典 hochi.news)


    【【マジすてき!】雨宮塔子、中村江里子宅訪問! 笑顔2ショット公開・・・】の続きを読む


    辛坊 治郎(しんぼう じろう、1956年4月11日 - )は元ニュースキャスター、シンクタンク経営者、Youtuber。元読売テレビアナウンサー、報道局局長待遇解説委員長。妻は元読売テレビ報道局報道部記者で現・ラジオパーソナリティの西岡香、実兄は株式会社大阪綜合研究所代表で元住友ファイナンスエイシア代表取締役社長の辛坊正記。
    61キロバイト (9,087 語) - 2021年4月19日 (月) 07:50



    (出典 cf.kazi-online.com)


    雨風に辛坊・・・・・・・

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/04/25(日) 17:50:11.78 ID:CAP_USER9.net BE:479098569-2BP(0)


    (出典 img.5ch.net)

    4/25(日) 16:40
    デイリースポーツ

    辛坊治郎氏 魔の海域を通過も 30時間、嵐と格闘「何とか生きてる」
    辛坊治郎氏
     太平洋ヨット横断に再挑戦中のキャスター辛坊治郎氏の公式ツイッターが23日付で、「辛坊さん定時電話連絡 ついに今日、前回リタイアポイントとなった日本の東の海上(当時は宮城県金華山沖)1200kmポイントを通過!」と報告した。

     辛坊氏は今月9日に再挑戦の出航。前回2013年の挑戦時は、同海域でヨットがクジラに衝突して浸水(今回出発前にクジラに乗り上げたと説明)し、約10時間漂流し、海上自衛隊に救助された。

     無事に通過し、「今日から明日、また嵐の中ですが着実に東へ進んでいます!!」と伝えた。

     ただ厳しい冒険は続いており、24日付では「30時間、嵐と格闘…さすがに疲労の声色 何度もヨットが横倒しになりかけて映画でよく観る風景が広がる…。『何とか生きてる』」と投稿されている。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/613871e0c8ff267f4c7adee205c4220c0b61b3c8


    【【男のロマン】すげぇぇぇぇ!!辛坊治郎の冒険…着実に東へ!wwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ