おもしろがり速報

芸能ニュースや旬なニュースをまとめてお届けします。
芸能人、有名人、アイドルの噂やスキャンダルなど
おもしろネタや記事を配信します。

    カテゴリ:芸能 > アナウンサー


    何やってんだ・・・

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/11/26(金) 05:36:34.27

    11/26(金) 5:15配信
    東スポWeb

    いろいろ心配な小林麻耶(東スポWeb)

     目は覚めていなかったのか――。別居&離婚協議を報じられたフリーアナウンサーの小林麻耶(42)が、「スピリチュアル夫」と称される整体師の國光吟氏(くにみつ・あきら=38)と〝復縁〟したと25日発売の「週刊文春」に報じられ、波紋を呼んでいる。芸能界は麻耶が〝帰還〟したと思い込んでいたが一転、オファーを検討していたクライアントはそれを取り下げたという。

     文春によれば、麻耶は今月19日、女優として出演する舞台「受付」(12月7〜12日、東京・アトリエファンファーレ東新宿)の稽古を終えた後、都内の路上でマフラーを外し、吟氏の首に巻いてあげたりするなどラブラブな雰囲気を漂わせていたという。夫妻はそのまま仲良く都内の新築マンションに帰宅。別居して離婚協議中とされていたが、別居を解消し、新生活を始めているというから驚きだ。

     吟氏は文春の取材に対し、離婚協議や同居再開について回答を拒否。自身が展開する〝宇宙ヨガ〟についても「宇宙ヨガと名付けたのは僕ではありません」と否定した。

     麻耶は昨年11月、レギュラー出演していたTBS系「グッとラック!」を突如降板。所属事務所も退所した。そのウラで、麻耶の言動が支離滅裂だったとされた。

     当時は吟氏とラブラブだったが、今年に入って一転。3月ごろから別居を始めたと同月に一部週刊誌に報じられ、その後に離婚協議も始めたと6月に報じられた。麻耶は「目が覚めた」とも伝えられた。

     吟氏を距離を置いていた麻耶の義弟で歌舞伎役者の市川海老蔵(43)が10月29日にブログで「おかえりなさい」「色々あったけれど関係ない」などと投稿したことも麻耶の〝帰還〟を裏付けることに。吟氏との離婚協議は一気に加速するとみられていたが…。

     文春報道で麻耶と吟氏のホントの関係が分からなくなった。

    「吟さんは昨年5月ごろに麻耶さんの『小林』姓に改姓し、『小林吟』と名乗るようになりました。てっきり離婚して『國光』姓に戻すと思っていましたが…。少なくとも(今年)10月までは『小林』姓のままのようです」(知人)

     夫婦の関係が不透明になり、麻耶の仕事面にも影響したという。

    「麻耶さんは女優業も始めて、活動が軌道に乗りそうだったので、商品をPRしたいクライアントがイベント出演のオファーを検討していたようです。でも、今回の復縁報道で白紙に戻したと聞きます。再び騒ぎになれば商品のPRどころではなくなるからです」(広告代理店関係者)

     麻耶は一連の文春報道を受け、自身のブログで「世間を騙したとか、仕事をするための偽装別居とか、妹の子供たちに会うための口実を作っただなんて! そんなことあるわけないのにね」と投稿した。

    「これも何の否定なのかイマイチ分かりません。心身の状態が心配され、余計にオファーしづらい状態です」(同)

     麻耶が再び心配されている。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/f31294abdd7cef4a2bad9b613dbefd222f654d95


    【【あらまあ!】小林麻耶さん いったいどうなってるの?・・・】の続きを読む


    時間使い過ぎ・・・

    1 湛然 ★ :2021/11/25(木) 05:40:21.77

    宇垣美里アナ漫画愛語る「基本的に寝不足」深夜の新刊チェックがルーティン
    [2021年11月25日5時0分] 日刊スポーツ
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202111240001003.html
    キュートな表情を浮かべる宇垣美里(撮影・小沢裕)

    (出典 www.nikkansports.com)

    著書「今日もマンガを読んでいる」を手にする宇垣美里(撮影・小沢裕)

    (出典 www.nikkansports.com)



    フリーアナウンサー宇垣美里(30)の新著「今日もマンガを読んでいる」(文芸春秋)が来月14日に発売されることが24日、分かった。このほど宇垣が日刊スポーツなどの取材に応じ、“漫画愛”を語った。

    19年に週刊文春で始まった連載「宇垣総裁のマンガ党宣言!」を1冊にまとめた。毎日欠かさず読む漫画の中から新刊を中心に1作品を選び、自身の価値観や経験を織り交ぜながら見どころをつづる。労力のかかる作品評連載について、宇垣は「いろいろな仕事をさせていただいている中でも、トップレベルにカロリーの高い仕事。自分の中でも力を入れている連載だったので、それが本になるのはうれしい」と笑みを浮かべる。

    電子書籍サイトのラインアップが更新される深夜0時、新刊をチェックするのがルーティンだ。気になる作品は惜しまずカートに放り込み、月の漫画代は「考えたことないです。へへ(笑い)」。すぐ読みたい気持ちに抗えず「基本的に寝不足です」と苦笑する。

    作品によっては、締め切り後に書き直すこともあるというこだわりぶり。「好きなものを人に説明するのが好きなんです」と“布教”への熱量は高い。連載をきっかけに、メディア露出が少なかった作家が自身のレギュラーラジオに出演してくれることもあるという。「漫画評を書いていてよかったと思いました。『みんなも読んでくれ』『作者の方にありがとうを伝えたい』みたいな気持ちで書いているので、それが伝わってよかったなって」。

    恋愛、友情、仕事、ファンタジー、歴史など紹介作品のジャンルはさまざま。宇垣は「老若男女いろんな方に読んでいただいて、その人にぴったりの作品が見つかるんじゃないかと思ってます」と話している。【遠藤尚子】

    (※中略)

    ◆“宇垣総裁”オススメ作品◆

    ▼魚豊「チ。-地球の運動について-」(小学館) 15世紀のヨーロッパ。当時異端とされた地動説を唱え、命懸けで宇宙の心理を求めた人の物語。原稿執筆に苦労し「締め切りの次の日に、ごめんなさいって言いながら送ったり」

    ▼谷口菜津子「今夜すきやきだよ」(新潮社) 正反対の恋愛・結婚観を持つアラサー女子2人の同居生活を描く。「生き方が違う女の子2人が一緒に暮らすことで、『こういう生き方でいいじゃん』っていうのが見えてくる話。すごく癒やされるんです」

    ▼よしながふみ「大奥」(白泉社) 女性が将軍を務める“男女逆転”の江戸城・大奥が舞台。今年2月に全19巻で完結。これまでに一部映像化されたが「長いので、1年くらいかけてやって欲しい。Netflixでもいいからやってくれ!って思ってます」

    (おわり)


    【【あれぇ!?】宇垣美里アナ とんでもない浪費してた・・・www】の続きを読む


    エゴサしてる・・・

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/11/24(水) 23:40:56.38

    11/24(水) 23:34
    デイリースポーツ

    小林麻耶が反論「偽装別居とか妹の子供に会う口実作っただなんて!あるわけない」
     
     フリーアナウンサーの小林麻耶(42)が24日、ブログに投稿。「想像を絶する耐えられないことで笑いが出てしまうことがある」と切り出した。

     「勝手に言われることは仕方ない」としたうえで、「世間を騙したとか、仕事をするための偽装別居とか、妹の子供たちに会うための口実を作っただなんて!そんなことあるわけないのにね」と記した。

     この日に文春オンラインが、今年7月には離婚協議に入ったと一部で報じられていた夫でタレント、整体師のあきら。との関係について報じている。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/df738af2932272785dcf818898bb0393cadd32e5


    【【あわわわ・・・!】小林麻耶 呆れてもう笑うしかない・・・www】の続きを読む


    裸の話題・・・

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/11/20(土) 12:17:45.76

    11/20(土) 11:48配信
    スポーツ報知

    登壇した(左から)徳永えり、市川実和子、田中みな実、松村沙友理

     フリーアナウンサーで女優の田中みな実が20日、都内で初主演映画「ずっと独身でいるつもり?」(ふくだももこ監督)の公開記念舞台あいさつに共演の市川実和子、松村沙友理、徳永えりと出席した。

     仕事とプライベートに奮闘し、必死に生きる独身女性の物語。田中は満席に埋まった客席を見つめ「見ていただいた方にこうやって会うのは初めて。こんなにもドキドキするものなんですね。高揚感、緊張感があります」と喜んだ。

     市川から「ズボラでもできる美容法を教えてほしい」と言われ、田中は「風呂上がりに、しばらく裸で過ごすこと。そうすれば全身に美容液を塗れる。部屋は加湿しているので寒くない」。市川は「加湿、裸、塗る、ですね」と感心していた。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/3b95792261165cb97ea31036dcab858f8b65a7c4


    【【マジすか!?】田中みな実 またこんなこと言ってる・・・!!!】の続きを読む


    ポジハラ・・・ね

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/11/18(木) 16:34:44.58

    11/18(木) 16:32配信
    スポニチアネックス

    フリーアナウンサーでタレントの宇垣美里

     フリーアナウンサーの宇垣美里(30)が17日放送のABEMA「ABEMAPrime」(月〜金曜後9・00)に出演し“ポジハラ”について持論を展開する場面があった。

     「ポジハラ」とは、ポジティブ・ハラスメントの略。周囲の人々に、前向きの姿勢を強いるものだという。番組の取材では「職場で『なんとかなる』『次はうまくいく』などと、アドバイスされ、いじめに近く感じた」「産後で疲弊していたら、夫から『お母さんになったんだから強くなれるよ!大丈夫!』と励まされ腹が立った」「SNSでビジネス系の“上を目指そうツイート”を見ると落ち込む」「ポジティブな曲が辛い」といった、悩む人々の声を伝えた。

     心理カウンセラーの山根洋士氏は、この事例について「アドバイスって、結構有害なんですよね。徹底的に聞いてあげて、寄り添ってあげる。自分がポジティブかネガティブかは置いて『そうなんだ』って、少し冷たく見えるかもしれないけど、距離を置くとハラスメントにはならないかな」と、解説。

     宇垣アナは「たしかに、自分が考えて大変だなと思ってることに『大丈夫、なんとかなるよ!』って言われたら、『何を分かっとんねん!』ってなるかなとは思いますね。相手がどう感じるかは絶対に分からないから、距離を置いたりとか、『あなたの思うようになればいいね』って言ってあげることしかないのかと。他人だということを、しっかり、わきまえることなのかなと思います」と、持論を展開した。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/0579df0091f8fbc46134ae6531f95b8572efa131


    【【だよねぇぇぇ!】宇垣美里 このコメントはたまらない・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ