おもしろがり速報

芸能ニュースや旬なニュースをまとめてお届けします。
芸能人、有名人、アイドルの噂やスキャンダルなど
おもしろネタや記事を配信します。

    カテゴリ:スポーツ > プロレス


    お悔やみ申し上げます

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/09/22(水) 12:43:57.57

    9/22(水) 11:35
    東スポWeb

    元女子レスラー・風間ルミさん急死 55歳 8月末に“持病”ツイート
    亡くなった風間ルミさん(東スポWeb)
     ジャパン女子プロレス、LLPWなどで活躍した元女子プロレスラーの風間ルミさん(本名斉藤ルミエ)が死去したことが22日までに分かった。55歳だった。死因は不明。

     風間さんは1982年にキックボクサーとしてデビュー。シュートボクシングを経て、86年にジャパン女子プロレスに入団した。活躍はリングだけにとどまらず、歌手としてもデビューした。

     92年にはLLPWを旗揚げし、社長兼レスラーとして団体をけん引。2002年に引退を表明し、03年8月に格闘生活21年、レスラー生活17年のピリオドを打った。

     引退後は芸能活動を再開すると同時に、飲食店の経営や、講演活動、コーチ業などを行っていたという。昨年11月には自身のユーチューブチャンネルを開設し、工藤めぐみらとの対談模様や近況報告をアップしていた。

     だが風間さんのツイッターには8月30日に「久々にジワジワきている子宮内膜症の痛み。この痛みのため、全く何も手をつけられません」と投稿され、翌31日には「痛みは薬でおさまっているけど、今回はかなりの月経過多で貧血。買い物に行こうとしたんだけど、クラクラして動けない」と体調不良だったことを明かしていた。

     9月5日にピザを食べた話を投稿後は更新されていなかった。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/99a34aa5d622407f212ed8de4ae614d0c2744bc7


    【【訃報】元女子レスラー・風間ルミさん(55)急死!8月末に“持病”ツイート】の続きを読む


    言葉狩り・・

    1 Anonymous ★ :2021/09/17(金) 23:50:39.42 ID:CAP_USER9.net

     上川陽子法相は16日に開かれる法制審議会で、刑法の侮辱罪の厳罰化を諮問すると発表。社会問題化しているSNSなどでの誹謗中傷の書き込みに対する措置で、具体的には、現行の「30日未満の拘留か1万円未満の科料」から「1年以下の懲役・禁錮または30万円以下の罰金」に改正する案を諮問する。

    テラハ問題で木村花さん母が告発 フジ“ヤラセ教唆”の罪深さ

     ちなみに「名誉毀損罪」は「3年以下の懲役もしくは禁錮または50万円以下の罰金」と規定されている。

     侮辱罪が改正されれば、公訴の時効は1年から、名誉毀損罪と同じく3年となり、過去の書き込みについて公訴できる期間が延びる。

     背景には、20年5月に「テラスハウス」(フジテレビ系)に出演していたプロレスラーの木村花さん(当時22)が、ツイッター上に書かれた中傷を苦に自殺したことがある。今年3月と4月に、「ねえねえ。いつ死ぬの?」「死ねや、くそが」「きもい」などと書き込んでいた男2人が書類送検されたが、「侮辱罪」で略式起訴され、罰則は科料9000円のみ。その軽さに罰則強化の声が上がっていた。

     ツイッターなどSNS上で誹謗中傷の書き込みに対する「侮辱罪」や「名誉毀損罪」について、ベリーベスト法律事務所「削除請求専門チーム」に所属する井川智允弁護士はこう話す。

    ■バカ、ブス、ハゲもアウト

    「『侮辱罪』は『名誉毀損罪』に近い犯罪ですが、相違点があります。名誉毀損罪の構成要件は、“公然と”“事実を摘示し”“人の名誉を毀損している”の3つですが、侮辱罪の構成要件は、“事実を摘示し”が必要ありません。例えば、SNS上で『あの人は薬物中毒だ』『前科がある』などと書き込んだ場合は、具体的な事実を摘示しているとして名誉毀損罪に該当する可能性があります。ただし、ここでいう事実とは、その真偽を問いません。一方で、侮辱罪が適用される可能性があるのは、いわゆる『バカ』『ブス』『死ね』の暴言の類いです」

    攻撃的な書き込みは増加の一途

     では、SNS上で散見される、芸能人に対する暴言はどこまでがアウトなのか。

    「『消えろ』『ウザい』『ハゲ』『殺したい』など、いずれも侮辱罪が成立する可能性があります。『殺す』は脅迫罪になる可能性もありますね。侮辱罪について、法定刑の上限として懲役刑が定められたとしても、その表現内容の辛辣性、回数、程度などが考慮され、初犯から実刑になる可能性は高くはないと思われます。しかしながら、懲役刑すらあり得るということ自体が広く世間に周知されれば、違法な投稿を抑止する効果はあると思われます」(井川弁護士)

     一方、ITジャーナリストの井上トシユキ氏はこう話す。

    「木村花さんの一件以降も、相手が有名人であるかどうかを問わず、SNSで攻撃的な書き込みをする例は増加しています。これは“コロナ禍によるストレス”だけでは説明できないほどです。厳罰化はやむを得ない部分はあると思います。しかし、それでこうした書き込みがなくなるかはまた別問題。『2ちゃんねる』などの歴史を見ても、隠語に置き換えられ、それが一般化すると十分意味が通じてしまう。単に“言葉狩り”になってしまえば、言論や表現の自由との兼ね合いの問題もあるでしょう。また、基本的に名誉毀損罪も侮辱罪も親告罪なので、書き込んだ人を特定し告訴するハードルが高いのは変わらない」

     井上氏はその対応策についてこう続ける。

    「やはり基本的には“なぜ人を傷つけてはいけないのか”の根本的な教育が不可欠でしょう。さらに、大人に対しても、啓発活動をさらに強化していく必要があるかと思います」

     言葉の暴力に倒れた木村花さんは無念の一言だが、果たして、今回の法改正が一石を投じることになるか――。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d03625a494e2c1233b978ec35d6db85f41682ec7


    【【ヤッタネ】木村花さんの悲劇から1年余...「侮辱罪」厳罰化!“暴言”アウト】の続きを読む


    長州 (ちょうしゅう りき、1951年12月3日 - )は、日本の元プロレスラー、及び日本と韓国のアマチュアレスリング選手。山口県徳山市(現:周南市)出身。YouTuber。 在日韓国人2世として生まれ、2016年に日本へ帰化した。韓国名は郭 光雄(かく こうゆう、クァク・クァンウン、곽광웅)だっ
    76キロバイト (11,181 語) - 2021年5月19日 (水) 10:21



    (出典 number.ismcdn.jp)


    同じく早く決断を・・

    1 jinjin ★ :2021/05/25(火) 00:52:52.55 ID:CAP_USER9.net

    長州力、何が何でも東京五輪開催に「小池さん今の貴方は都民ファーストではないですね!」


    元プロレスラーでタレントの長州力(69)が23日、自身の公式ブログを更新し、開幕まで2カ月に迫った東京五輪開催について持論を記した。

    「何が何でも五輪は開催か、、、」と題してブログを更新した長州力は「なにが何でも五輪はやるんだな、、、これだけ国民が延期又は中止を求めても国はやるのか、、、?」と疑問の声をつづった。


    そして「いま現在コロナで重症患者が亡くなってるこの現実も無視されるのか、、、それでも日本は死者数がまだ少ないとか、、、?だから開催も大丈夫だと!?」とし
    「分かりました!!やりましょう!たかがスポーツの祭典です!当日は入場行進もやりましょう!何時間も選手は待機をして詰め込まれても選手は何時間も密で待たされ密で待機です!それが終わってセレモニーでまた密で歓喜で大声で喜び!他国の選手と握手やハグで交流を!そしてバスに乗り込み選手村まで、、、」と五輪開催で起こりうる問題を挙げた。


    長州力は「まさかー!違いますよね!」とし「平和の祭典五輪はこの人間達に利用されてるのでは!小池さん今の貴方は都民ファーストではないですね!もうそろそろ決断を、、、」と訴えた。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/af10fda8bd51e9753cdbaef258f111922be4f342


    【【いいねぇ!】長州力、「中止延期を求めても国はやるのか・?」・・・・】の続きを読む


    【画像】アントニオ猪木、“リハビリ中”の現在の姿を公開! 「負ける訳ないやないか」

    猪木さん、回復してください・・・。

    NO.9293617 2021/03/02 21:03
    アントニオ猪木、“リハビリ中”の現在の姿を公開 激励相次ぐ「猪木さんは不死身の漢や!」「負ける訳ないやないか」
    アントニオ猪木、“リハビリ中”の現在の姿を公開 激励相次ぐ「猪木さんは不死身の漢や!」「負ける訳ないやないか」
    元プロレスラーで元参院議員のアントニオ猪木さんが自身のYouTubeチャンネルで「アントニオ猪木最強の敵と闘っています」としてリハビリ動画を公開。猪木さんは1月から腰の治療のために入院しています。

    動画の中で猪木さんは、腕周りを動かすリハビリに取り組んでおり、“イノキボンバイエ!”のフレーズで有名な入場曲をBGMにしてテロップで「アントニオ猪木最大の敵と今闘っています。自分自身です」「元気ですかー! と言えるように頑張っていきます! ありがとー!」とファンにメッセージを送っています。

     猪木さんは2009年と2018年に腰の手術をして入院。また、2019年秋にも「心アミロイドーシス」という心臓の病気で2カ月半の入院生活を送っていました。リハビリ動画は以前にも投稿されており、そのときは「いくぞ!! 1、2、3 ダーーーーー!!!!!!」とこぶしを振り上げる様子を見せていました。

     今回のリハビリ動画にコメント欄では、「アントニオ猪木が負ける訳ないやないか」「猪木さんの復活を心待ちにしています」「俺は心配なんかしませんよ。猪木最高!! ダー!!」「猪木は変わらない。強い」「猪木さんは不死身の漢や!」「頬がこけ皺が増えても流石に闘魂の目は炎を絶やさず灯してるように映りました」「元気になって闘魂注入お願いします」などそれぞれの言葉での激励が飛び交いました。


    【日時】2021年03月02日 12:30
    【ソース】ねとらぼ


    【【画像】アントニオ猪木、“リハビリ中”の現在の姿を公開! 「負ける訳ないやないか」】の続きを読む


    木村 (きむら はな、1997年9月3日 - 2020年5月23日)は、日本の女子プロレスラー。スターダム所属、芸能活動においてはWALK所属。母は女子プロレスラーの木村響子。実父はインドネシア人。 プロレスリングA.C.E.(2016年 - 2018年) WRESTLE-1(2018年 - 2019年)
    9キロバイト (1,072 語) - 2020年5月23日 (土) 06:26



    (出典 satorinoblog.com)


    これからなのに残念・・・・。

    1 Time Traveler ★ :2020/05/23(土) 15:27:06 ID:R8uGM4+j9.net

     恋愛リアリティショー番組『テラスハウス』(「TOKYO 2019-2020」Netflix)に出演中だった女子プロレスラーの木村花さんが亡くなった。所属するプロレス団体のスターダムが「【訃報】木村花逝去に関するお知らせ」として、「当社所属選手木村花選手が本日5月23日逝去いたしました」発表した。詳細についてはまだ把握しきれていないという。

     木村花さんは5月23日の午前3時頃、Twitterにリストカットをしたと思われる血塗れの自撮り写真を、次の文章とともに投稿していた。

    <毎日100件近く率直な意見。 傷付いたのは否定できなかったから。
    死ね、気持ち悪い、消えろ、今まで ずっと私が1番私に思ってました。
    お母さん産んでくれてありがとう。 愛されたかった人生でした。 側で支えてくれたみんなありがとう。
    大好きです。 弱い私でごめんなさい>

     その後、当該ツイートは削除されたが、Instagramのストーリーに「さようなら」という言葉をUP。ネット上には彼女を心配する声が書き込まれていた。

     木村花さんは出演中の『テラスハウス』第38話以降、ネット上で凄まじい誹謗中傷に晒されていた。匿名のネット掲示板での中傷もあれば、SNSで彼女へ直接罵倒のリプライを投げつけるユーザーもいた。

     彼女は批判でも批評でもなく、まして率直な「意見」ですらないただの悪意を「毎日100件近く」受け止めていたのではないか。『テラスハウス』というコンテンツの制作にあたっては、悪意に晒される出演者のメンタルケアなどは一切なかったのだろうか。

    https://wezz-y.com/archives/77302

    (出典 wezz-y.com)


    前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1590213441/


    【【訃報】女子プロレス木村花選手(22)急死 ネット上で凄まじい誹謗中傷を受けていた】の続きを読む

    このページのトップヘ