おもしろがり速報

芸能ニュースや旬なニュースをまとめてお届けします。
芸能人、有名人、アイドルの噂やスキャンダルなど
おもしろネタや記事を配信します。

    カテゴリ: 動物・ペット



    (出典 i.ytimg.com)


    可哀そうになってきた・・・

    1 ネトウヨ ★ :2021/05/16(日) 08:37:40.31


    (出典 i.imgur.com)



    (略)
    また、飼い主の20代男性の自宅内も、あらためて捜索した。万が一、逃げていなかった可能性も考慮してのこと。飼い主は、ペット不可の物件だったこともあり、貸主と協議して退去を決断。転居先から同地に来て捜索を続ける意向だ。前日14日に飼っていた他のヘビやワニなど計5匹を譲渡。整理された状態で洗濯機や、ベッドを解体するなど入念に調べ、室内にいる可能性は消えた。

    10日目を迎えても目撃情報すらない状況に、近所の住人も「家族もみんな不安が大きくなっています」。一方で「こんなに大人数で何日間も捜したのに見つからないなんて考えられない。本当はヘビがもともといなかった、なんてことはないですよね?」と虚偽を疑ってしまうほど難航している。今日16日以降も、警察などの捜索活動は続くが、ヘビ騒動は謎に包まれてきた。【鎌田直秀】

    https://news.yahoo.co.jp/articles/a9c3d8b5661819253ee01be40f6deee45ffa28aa

    (出典 www.nikkansports.com)


    https://www.j-cast.com/tv/2021/05/12411278.html
    飼い主の男性も探し続けているが見つかっておらず、「仕事も休んでいて、このままだと辞めざるを得ない」と話した。

    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1621118010/


    【【ヘビ逃走】ヘビ捕獲難航!虚偽を疑う声も!!!!!!!!!!!!】の続きを読む



    (出典 cdn1.img.jp.sputniknews.com)


    寂しくなる・・・・

    1 ち~ん :2021/05/15(土) 00:31:13.03 ID:3qL5sevwd.net

    横浜市戸塚区のアパートから逃げ出した体長約3・5メートル、体重約13キロのアミメニシキヘビの飼い主が14日、その他にも飼っていたビルマニシキヘビなどヘビ3匹、ワニ1匹、カメ1匹の計5匹を譲渡した。この日午後、茨城県高萩市の爬虫(はちゅう)類などを扱う業者がワゴン車で飼い主宅を訪れ、積み込んだ。ビルマニシキヘビはアミメニシキヘビよりも大きく、体長は推定約4メートルで大きな水槽にしっかりと鍵をつけて運ばれた。

    6日に行方不明となったアミメニシキヘビは午前中から、警察、消防、横浜市動物愛護センター職員など過去最多となる約100で捜索。まだ、目撃情報すらなく、捕獲には至っていない。
    https://www.nikkansports.com/m/general/nikkan/news/202105140000621_m.html?mode=all


    【【ヘビ逃走】まだ他に!?飼い主、ペットたちを手放す・・・・・・】の続きを読む



    (出典 news.tbs.co.jp)


    大きいので目につきそうなのに・・・・

    1 どどん ★ :2021/05/13(木) 18:05:09.80 ID:fuJFUl509.net

    横浜市戸塚区のアパートから逃げ出した体長約3・5メートル、体重約13キロのアミメニシキヘビ捜索は13日、新たな作戦を決行した。

    行方不明になった6日以降は目撃情報すらない状況だけに、日本爬虫(はちゅう)類両生類協会の白輪剛史理事長らが協力し、エサを設置した「おびき寄せ作戦」を初めて試みた。

    白輪氏は「ごく近場にはいると思う。1週間たっても、まったく姿が見えないのは不思議。いつも食べていたエサ用の死んだネズミを置いたかごを設置して、人が探すのではなく、おびき寄せる方法をとります」と説明。袋に包んだエサを約30×20センチの鳥かごのようなケースに入れて、<1>自宅敷地内の植え込み<2>もっとも近い排水溝<3>隣接する民家の竹林<4>約30メートル離れた倉庫などの隠れる場所が多い民家。<5>約50メートル離れた名瀬川の5カ所に設置した。

    「あとはヘビ次第。かなり嗅覚が鋭い。3週間くらい食べていないので空腹なはず。夜行性なので昼間はなかなか難しいかもしれませんが、明日の朝くらいまでに、臭いに誘われて出てきてくれるかどうか…」と期待した。

    飼い主も「どうにか見つかってほしい。わらにもすがる思いです。正直、もっと早く見つかると思っていたが、皆さんに大変ご心配をかけてしまって、申し訳ない気持ちです」。自身も勤務先に休業許可をもらい、昼夜を通じて探し続けている。【鎌田直秀】

    日刊スポーツ

    https://news.yahoo.co.jp/articles/9f74a53d613a718eb09763d3fa784c6e3697f898

    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1620874659/


    【【ヘビ逃走】新たな作戦、飼い主「わらにもすがる思い・・」!!!!!】の続きを読む



    (出典 image.news.livedoor.com)


    予言した人に来てもらおう・・・

    1 右大臣・大ちゃん之弼 ★ :2021/05/14(金) 05:45:04.21

    アミメニシキヘビは31年前にも市街に脱走して大騒動を起こしていた。

    1990年9月3日午前8時ごろ、青森県むつ市のマエダ百貨店が駐車場の特設会場で開催していた「世界のヘビ・大爬虫類展」で、展示していたアミメニシキヘビがアルミ製の飼育箱からいなくなっていることに、飼育員が気づいた。すぐに同県むつ署に連絡。地元警察と消防団員ら約100人と警察犬による大捜索が始まった。

    脱走したのは市の中心部で、住宅が密集していた。毒はないものの、体長5メートル、体重40キロ、最大胴回り30センチの世界最大級の大きさで、生息地の東南アジアでは野生の子牛を丸のみにしたという報告もあっただけに、むつ市は大騒ぎになった。

    東京からテレビ局のリポーターもやってきた。責任を感じたマエダ百貨店は24時間体制の「ヘビ捕獲対策室」を設置して従業員約40人を動員。連日、竹ざおを手に深夜まで懸命な捜索が続いたが、なかなか手がかりはなかった。

    発見されたのは脱走発覚から4日後の7日午後10時ごろだった。百貨店近くの川にかかる橋の下の砂地にいるのを、通りがかった市民が見つけて「ヘビ捕獲対策室」に通報。駆けつけた従業員が捕獲用の棒で頭を押さえ、麻袋に入れて無事に捕獲した。

    日の暮れた夜にもかかわらず、橋の下のヘビをなぜ発見できたのか。実は同百貨店では第一発見者に謝礼を支払うというチラシ1万2000枚を市内に配っていた。賞金20万円と高額だったため多くの市民が昼夜問わず、巨大ヘビの姿に目を光らせた。中には危険を顧みず、河原ややぶなどを深夜まで捜索する人もいた。

    捕獲対策室は10日に解散し、第一発見者には謝礼の20万円が送られた。

    一方でヘビの発見日時を予言した当時43歳の主婦にも感謝状が贈られた。高い予知能力で地元でも知られていた主婦は、同店の関係者の依頼を受けて7日午後に「逃げた場所の近くで長くなっている。夜10時に見つかる」と予言して的中させた。この話題もヘビ発見とともに全国的な話題になった。

    日刊スポーツ [2021年5月13日18時29分]
    https://www.nikkansports.com/m/general/nikkan/news/202105130000804_m.html
    https://www.nikkansports.com/m/general/nikkan/photonews/photonews_nsInc_202105130000804-0.html


    【【ヘビ逃走】31年前、逃走ヘビ発見したまさかの理由・・・・・・】の続きを読む


    ネコ (からのリダイレクト)
    ネコ()は、狭義には食肉目ネコ科ネコ属に分類されるリビアヤマネコ(ヨーロッパヤマネコ)が家畜化されたイエネコ(家猫、Felis silvestris catus)に対する通称である。イヌ(犬)と並ぶ代表的なペットとして日本を含め世界中で広く飼われている。 より広義には、ヤマネコやネコ科動物全般を指すこともある(後述)。
    127キロバイト (17,649 語) - 2021年5月4日 (火) 11:53



    (出典 img.benesse-cms.jp)


    重そう・・・・

    【【猫画像】寅吉君、デカいカワイイ…癒します !!!!!!!!!】の続きを読む

    このページのトップヘ