おもしろがり速報

芸能ニュースや旬なニュースをまとめてお届けします。
芸能人、有名人、アイドルの噂やスキャンダルなど
おもしろネタや記事を配信します。

    カテゴリ: 訃報


    お悔やみ申し上げます

    1 孤高の旅人 ★ :2021/09/19(日) 20:43:51.32

    正司敏江さん、脳梗塞のため81歳で死去 松竹芸能が発表
    9/19(日) 19:36配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/7a2babfeedecbc3b93f96c6a2e2dd696ee8c8b35

    お笑いコンビ「正司敏江・玲児」として活動
     タレントの正司敏江さん(本名・及川キミコ)が18日午前1時59分の脳梗塞のため大阪市内の病院で亡くなった。81歳だった。19日に松竹芸能が発表した。

     正司さんはお笑いコンビ「正司敏江・玲児」として2010年まで活動。元夫婦の2人によるコンビだった。

     松竹芸能は19日、「正司敏江 訃報のお知らせ」と発表。「茲に生前のご厚誼を深謝し謹んでご通知申し上げます」と記した。


    【【訃報】正司敏江さん、脳梗塞のため81歳で死去】の続きを読む


    面白かった・・

    1 Anonymous ★ :2021/08/20(金) 18:03:17.21 ID:CAP_USER9.net

    https://news.yahoo.co.jp/articles/dc34e1d025eb6fd52768f4ba3eab4ea54ec28d63

     上方落語を代表する関西芸能界の大御所、笑福亭仁鶴(しょうふくてい・にかく)さん(本名・岡本武士=おかもと・たけし)が骨髄異形成症候群のため、17日に大阪府内の自宅で死去した。84歳だった。葬儀・告別式は親族で行われた。特別顧問を務める吉本興業が20日、明らかにした。お別れの会は未定。

     仁鶴さんは昭和、平成、令和と時代を超えて多くのファンに愛され、劇場からテレビ、ラジオなど様々な媒体で多彩な才能を発揮した。1912年に創業された吉本興業の「中興の祖」と言われる。

     大阪市生まれの仁鶴さんは高校生の頃から友人とお笑いを研究し、卒業後は、ガラスふき、ブラシの行商、家業の鉄工所を手伝った。働きながら、素人参加の番組に数多く出演。才能を見出され、1962年、番組で知り合った「上方落語四天王」の一人、6代目笑福亭松鶴さんに弟子入りした。

     落語家として高座に上がる一方、タレントとしても積極的に活動。深夜ラジオでは、リスナーからのはがきを読む際に発する「どんなんかな~」、「うれしかるかる」などのフレーズがブームに。全国でアイドル的な人気となり、吉本の「お笑い」の礎を築いた。

     69年から放送された毎日放送(現MBS)「ヤングおー!おー!」では初代司会者となり、一躍全国区に。ラジオ番組の企画では自ら作詞を手がけ、ビル掃除をしながら子を育てる母にエールを送る楽曲「おばちゃんブルース」をヒットさせた。レトルト食品の「ボンカレー」のテレビCMのセリフ「3分間待つのだぞ」も流行し、「視聴率を5%上げる男」と呼ばれた。

     86年から司会を務めたNHK「バラエティー生活笑百科」では、「四角い仁鶴がまあるくおさめまっせ」のフレーズのほか、「相談員」のタレントの上沼美恵子とのやり取りも人気を集めた。

     同年には師匠・松鶴さんが死去。筆頭弟子だったが、「笑福亭」は松竹芸能の看板だったため、吉本所属の仁鶴さんは7代目を継ぐことを固辞した。その後も幅広いジャンルで才能を発揮。お笑い芸人にも慕われていた。

     70歳を超えても落語の独演会を開き、なんばグランド花月で披露した「不動坊」は多くの後輩も継承するなど上方落語の代表作と呼ばれた。笑いを追求し、人々を楽しませた。

     ここ数年は闘病生活を送っていた。17年6月に、約50年間連れ添った妻・隆子さんが死去。その直前の同5月から「―生活笑百科」を体調不良で欠席した。読売テレビ「大阪ほんわかテレビ」のレギュラーも降板はしないまま、休演が続いていた。18年10月、吉本が主催する京都国際映画祭のオープニングであいさつしたのが最後の公の場となった。

     ◆笑福亭仁鶴 1937年1月28日、大阪市生野区生まれ。市立生野工業高卒。落語、演芸、放送、映画など幅広いジャンルで活躍した。舞台「なんばグランド花月」には80歳を超えて出演。テレビ「大阪ほんわかテレビ」、ラジオ「仁鶴の日曜思い出メロディー」など名番組多数。大阪市民表彰文化功労賞(94年)、日本放送協会放送文化賞(02年)などを受賞した。

     ◆骨髄異形成症候群 がんの一種。3種類の血液細胞(赤血球、血小板、白血球)の大もとになる造血幹細胞に異常が起きる病気。症状は赤血球減少による顔色不良、全身けん怠感、動悸・息切れ、血小板減少による皮膚・粘膜の点状出血や鼻血などの症状がみられる。白血球の1つである好中球の減少や機能低下により感染症にかかりやすくなり、発熱などを伴うこともある。1つの病気ではなく、複数の似たような病気の集まりと捉えられているため、症候群と呼ぶ(国立がん研究センター)

    前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1629446895/


    【【訃報】笑福亭仁鶴さん死去 84歳 関西芸能界の大御所】の続きを読む


    ご冥福をお祈りいたします

    1 孤高の旅人 ★ :2021/08/17(火) 17:55:44.26 ID:mCBdNHAj9.net

    ジャニーズ事務所名誉会長メリー藤島さん死去、93歳
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/08/17/kiji/20210817s00041000393000c.html
    [ 2021年8月17日 17:00 ]


    (出典 www.sponichi.co.jp)

    ジャニーズ事務所
    Photo By スポニチ

     ジャニーズ事務所で「たのきんトリオ」「少年隊」などを育成した藤島メリー泰子(ふじしま・めりー・やすこ)名誉会長が14日午前7時35分、肺炎のため都内の病院で死去した。93歳。米国ロサンゼルス市出身。ジャニーズ事務所が17日明らかにした。

     ジャニーズ事務所によると、葬儀は故人の遺志により、近親者のみで執り行った。「お別れの会」を行う予定はないという。

     実弟で事務所創業者のジャニー喜多川さん(享年87)が他界してから約2年。ジャニーズ事務所はホームページで「創業以来、メリーはジャニーが生み出したタレントを支えて参りました」と功績を紹介。

     「ファンの皆様が集う場所をファンクラブではなく、ファミリークラブだと申しておりました通り、タレントもファンの皆様も同じ家族の一員であるというその絆を大切にし、ジャニーズのエンターテイメントそのものが共に成長し、お楽しみいただける場所であることに情熱を注いでまいりました。これからも、その背中を見てきたタレントと社員がその思いを受け継ぎ、精進してまいりますので、何卒ご指導賜れますと幸甚に存じます」と続け、「改めまして、これまでメリーが皆様より賜りました数々のご支援に、心より感謝申し上げます」とコメントした。

     メリーさんはロサンゼルスのリトルトーキョーにある高野山真言宗米国別院の僧侶の長女として生まれた。3人きょうだいの長女で、すぐ下の弟はNASAの職員。末弟のジャニーさんらとは第二次世界大戦前に日本に来た。

     1962年にジャニーさんが「ジャニーズ事務所」を創業すると、タレントたちの衣装面などを担当して弟を支えながら経営や、タレントの管理にも大きく携わった。

     夫で作家の藤島泰輔さんは1997年に死別。長女の藤島ジュリー景子氏が2019年からジャニーズ事務所の社長を務めている。


    【【訃報】ジャニーズ事務所名誉会長メリー藤島さん死去、93歳】の続きを読む


    ご冥福をお祈りいたします

    1 チミル ★ :2021/08/14(土) 15:51:08.97

    「遠くへ行きたい」のヒット曲で知られ、俳優としても活躍した歌手のジェリー藤尾さんが14日午前4時52分、急性肺炎のため横浜市の親類宅で死去した。81歳。中国・上海生まれ。

    https://nordot.app/799166546671288320


    【【ガッカリ】ジェリー藤尾さん、急性肺炎のため死去…『遠くへ行きたい』】の続きを読む


    死因をはっきりさせて・・・

    1 記憶たどり。 ★ :2021/08/06(金) 04:56:37.41

    https://news.yahoo.co.jp/articles/55151c37f97bb03b7e20c22e803c175cd67effd9

    7月6日の練習中に倒れて救急搬送されていた中日の木下雄介(きのした・ゆうすけ)投手(27)が
    死去していたことが5日、分かった。関係者によると、3日に亡くなったという。
    4年目の昨季にプロ初セーブを挙げ、さらなる飛躍を目指した今季は4月に右肩、右肘を手術。
    懸命にリハビリに励んでいたが、帰らぬ人となった。育成入団からはい上がった苦労人の突然の悲報。
    チームへの影響が心配される。

    現役選手の突然の訃報。関係者によると木下雄投手は3日に息を引き取ったという。まだ27歳。
    復帰を目指して必死にリハビリを行っていた中、まだまだ続くと思われたプロ野球人生が、
    そして愛する家族と歩んでいた人生までも終わりを告げた。

    今季は開幕1軍が目前だった3月21日の日本ハムとのオープン戦で右肩を脱臼。
    4月に肩、右肘の内側側副じん帯の再建手術(通称トミー・ジョン手術)を行い
    「一日でも早く復帰できるように前向きに頑張っていきます」と語っていた。だがリハビリに励んでいた7月6日。
    ナゴヤ球場で息苦しさを訴えて倒れた。名古屋市内の病院に救急搬送。予断を許さない状況が続き、
    ここまで懸命な治療が施されてきたが実らなかった。チームは親会社・中日新聞社の職場接種を利用して
    新型コロナウイルスのワクチン接種を行っており、木下雄投手ら2軍選手は6月28日に1度目の接種を行っているが、
    今回との因果関係は不明だ。

    不屈の精神を表す男だった。生光学園から駒大進学も右肘の故障で1年で中退。
    地元・大阪でスポーツジムのインストラクターとなった。たまたま誘われた草野球で久々に硬式球を握ると
    2年間のブランクがありながら剛速球を連発。野球への情熱が復活した。NPB入りを目指し
    15年春に四国・徳島に練習生で入団。16年の育成ドラフト1位で中日に入団した。
    150キロを超す直球と落差のあるフォークを武器に18年に念願の支配下登録。背番号は201から98となった。

    19年7月には「野球をもう一度やると言った時、めちゃくちゃ喜んでくれた」という最愛の父を交通事故で亡くした。
    開幕1軍が濃厚だった昨年も春季キャンプ終盤に左足を負傷して手術。悲運に見舞われても、
    そのたびに努力を重ねて乗り越えた。昨年はコロナ禍で開幕が遅れたこともあり1軍で18試合に登板し
    プロ初セーブも記録。今季も大きな故障に立ち向かっていたが、帰らぬ人となった。

    幾多の困難を乗り越え、周囲に勇気を与えた男の早すぎる死。家族、友人、同僚らの悲しみは計り知れない。

    ◇木下 雄介(きのした・ゆうすけ)1993年(平5)10月10日生まれ、大阪府出身。生光学園では甲子園出場なし。
    駒大1年時に右肘の故障で中退。15年入団の四国・徳島を経て16年育成ドラフト1位で中日入団。
    18年3月に支配下登録。今季は3月21日のオープン戦で右肩を脱臼。4月に右肩と右肘の手術を受けた。
    通算成績は37試合で0勝0敗1セーブ、防御率4・87。1メートル83、80キロ。右投げ右打ち。


    【【訃報】中日木下雄介投手(27)が死去!ワクチン接種との関係は不明】の続きを読む

    このページのトップヘ