おもしろがり速報

芸能ニュースや旬なニュースをまとめてお届けします。
芸能人、有名人、アイドルの噂やスキャンダルなど
おもしろネタや記事を配信します。

    カテゴリ: 訃報



    (出典 www.news-postseven.com)


    お悔やみ申し上げます。

    1 イリオモテヤマネコ(茸) [US] :2021/07/05(月) 12:18:34.57


    大島康徳さん死去、70歳 中日で2度のリーグ優勝貢献 大腸がん闘病「余命1年」宣告から4年8カ月

     プロ野球の中日で活躍し、日本ハムの監督も務めた野球評論家の大島康徳さんが6月30日に大腸がんのため死去したことが、5日分かった。70歳だった。葬儀は親族らによる密葬で4日に行われた。近年は「ステージ4」の大腸がんや肝臓などへの転移を告白し、治療を受けながら野球評論家としての活動を続けていた。

     大島さんは大分・中津工から1969年にドラフト3位で中日に入団。88年には日本ハムに移籍し、44歳まで現役を続けた。26年間で通算2204安打、382本塁打を記録。引退後は2000~02年には日本ハムで監督を務め、東京中日スポーツ、NHKで野球評論家としても活躍した。

     大分弁で「負けてたまるか!」を意味する「負くっか」の思いを貫徹した人生だった。長打力を見込まれ、プロ入りと同時に野手に転向。不器用を努力で克服し、安定感はなくてもガムシャラなプレースタイルでファンに愛された。

     大島さんは自身の現役生活を「私には記録という記録はない。中途半端な人間だと思う」と振り返る。それでも、83年に36本塁打で初の本塁打王を獲得したほか、代打としても勝負強さを発揮した。日本ハム移籍3年目の90年には当時最年長の39歳10カ月で通算2000安打を達成。2006年には第1回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表の打撃コーチとして世界一に貢献した。

     2016年10月に大腸がんと肝臓への転移の診断を受け、「余命1年」を宣告された。その後も自らを「不真面目ながん患者」と表現し、治療を受けながら以前と変わらない生活を心掛けた。「1人ではがんと闘えない。社会とつながっていないと立ち向かっていけない」と、野球評論家としての活動も続けた。

     今年6月にはがんが肺にも転移していることを自身のブログで告白していた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/e7542d545c67960a50c17fcfb3a4a0c4920ad721


    【【訃報】大島康徳さん(70)死去!「負くっか」人生貫徹】の続きを読む



    (出典 www.news-postseven.com)


    寺内貫太郎一家

    1 muffin ★ :2021/06/14(月) 18:02:50.79 ID:CAP_USER9.net

    https://www.daily.co.jp/gossip/2021/06/14/0014415388.shtml

    作曲家の小林亜星さんが5月30日、心不全のため死去した。都はるみの「北の宿から」から童謡、アニメ主題歌、CM曲まで、多数の生み出した曲がお茶の間に親しまれた。主な楽曲は以下。

    【CM】
    レナウングループ「ワンサカ娘」
    日立グループ「日立の樹(この木なんの木)」
    明治製菓「チェルシーの唄」
    ブリヂストン「どこまでも行こう」
    サントリー「陽はまた昇る」
    丸美屋「のりたま」
    メガネドラッグ「メガネドラッグの歌」
    ファミリーマート「ファミリーマートのテーマ」
    パンシロン「パンシロンの歌」
    新興産業「パッ!とサイデリア」

    【アニメ、テレビ】
    「あさりちゃん」
    「怪物くん」
    「科学忍者隊ガッチャマン」
    「ドロロンえん魔くん」
    「ひみつのアッコちゃん」オープニング曲
    「魔法使いサリー」
    「まんが日本昔ばなし」
    「ピンポンパン体操」

    【童謡、歌謡曲】
    「あわてんぼうのサンタクロース」
    「北の宿から」

    関連
    【訃報】作曲家の小林亜星さんが死去 ★2 [首都圏の虎★]
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1623658432/


    【【訃報】作曲家 小林亜星さん(88)逝去・・】の続きを読む



    (出典 g-clefmusic.com)


    マジ、悲しい・・・

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/06/09(水) 09:06:50.27 ID:CAP_USER9.net

    6/9(水) 9:03配信
    日刊スポーツ

    アイドルグループlittlemore.などが所属する芸能プロダクション、ジークレフミュージックの代表で、新型コロナウイルス肺炎のため入院していた深澤雅之さんが亡くなったことがわかった。同プロダクションの公式ツイッターが伝えた。

    公式ツイッターは8日、「弊社代表深澤雅之ですが、新型コロナウイルス肺炎の重症化の為ICUにて集中治療を行っておりましたが、令和3年5月25日 満47歳にて逝去いたしました。ここに生前のご厚誼に深く感謝いたしますと共に、謹んでお知らせ申し上げます」とした。

    同プロダクションは先月23日、深澤さんについて「新型コロナウイルス陽性の診断を受け、自宅にて療養を行っておりましたが、容態が悪化し、現在病院にて集中治療を受けている状態です」と報告していた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/3e60e64c2328f76df29a28a81b37daff1c51909b


    【【訃報】芸能プロ代表深澤雅之(47)さん、コロナで入院、逝去・・・・】の続きを読む


    富永の業績を記念し作品を展示する施設が各地に建てられており、「ギャラリー水源の森」(山梨県道志村)、虹の郷「富永一朗忍者漫画館」(静岡県伊豆市)、かめやま美術館「富永一朗漫画館」(三重県亀山市)など9か所に所在している。 佐伯市を通る国道217号の一部は、「イチローロード」と通称され、富永
    17キロバイト (2,298 語) - 2021年5月22日 (土) 00:19



    (出典 2.bp.blogspot.com)


    面白かった・・・・

    1 記憶たどり。 ★ :2021/05/22(土) 07:42:57.15

    https://www.ehime-np.co.jp/article/news202105220001

    「お笑いマンガ道場」で人気
    漫画家・富永一朗さん死去 96歳 「かまぼこ板の絵」初代審査委員長


    【【えぇぇぇ…ショックだ!】漫画家富永一朗さん逝去。享年96。】の続きを読む


    ベルセルク』(BERSERK)は、三浦建太郎による日本の漫画作品。白泉社発行の漫画誌『ヤングアニマル』にて月イチ連載(第4金曜日)されている。単行本は白泉社からヤングアニマルコミックスのレーベルで刊行されている。 中世ヨーロッパを下地にした「剣と魔法の世界」を舞台に、身の丈を超える巨大な剣を携え
    115キロバイト (15,341 語) - 2021年5月20日 (木) 13:39



    (出典 mangakasan.com)


    お悔やみ申し上げます。

    1 ネトウヨ ★ :2021/05/20(木) 22:28:55.95

     漫画『ベルセルク』などを執筆した漫画家の三浦建太郎さんが5月6日午後2時48分、急性大動脈解離のため亡くなった。54歳。20日、白泉社が公式サイトで訃報を伝えた。

     サイトでは「三浦先生の画業に最大の敬意と感謝を表しますとともに、心よりご冥福をお祈りいたします」と追悼し「なお告別式はご家族にて執り行われました」と報告。

     「三浦先生には、永年にわたり白泉社で『ベルセルク』をはじめとする人気作品の数々をご執筆いただきました。現在もヤングアニマルにて同作を、一昨年からはヤングアニマルZEROで『ドゥルアンキ』を連載中でした」と記し「読者の皆様には、三浦先生の作品をご愛読いただきましたことを深謝いたしますとともに、謹んでご逝去のご報告をお知らせ申し上げます」と伝えた。

     ヤングアニマル編集部一同としてのコメントも掲載。「三浦建太郎先生の突然の訃報に接し、ヤングアニマル編集部は深い悲しみに包まれています。この受けいれがたい事実をどのように捉えたらいいのか。正直、言葉が見つかりません。思い出されるのは、編集部の人間に会うと、いつも朗らかにご自分の好きな漫画やアニメ、映画の話などを楽しく語っていた時の笑顔ばかりです。我々は三浦先生の怒った顔を見たことがありません。いつも楽しそうな少年のような方でした」。

     「どうかファンの皆様、関係者の皆様、三浦先生の楽しそうな笑顔を想像していただき、ヤングアニマル編集部と共に静かにご冥福を祈っていただければと存じます。何卒よろしくお願い申し上げます」とメッセージしている。

     三浦さんの代表作『ベルセルク』は、『月刊アニマルハウス』にて1989年に連載がスタートし、その後『ヤングアニマル』に連載の舞台を移し現在も連載中で、コミックス累計4000万部を超える人気作。剣と魔法、そして魔物が存在する世界を舞台に主人公・ガッツの壮絶なる生き様を描いており、1997~98年にテレビアニメ化、2012年~13年に3部作で劇場アニメ化、2016~17年に再度テレビアニメ化された。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/464a813bd1c9aabc5e3bf72e5b1e1e1e551424f0
    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1621510619/


    【【辛い!】『ベルセルク』執筆…三浦建太郎さんが逝去】の続きを読む

    このページのトップヘ