おもしろがり速報

芸能ニュースや旬なニュースをまとめてお届けします。
芸能人、有名人、アイドルの噂やスキャンダルなど
おもしろネタや記事を配信します。

    タグ:コロナ感染


    備え大切・・・

    1 muffin ★ :2021/09/10(金) 16:52:26.18 ID:CAP_USER9.net

    https://www.news24.jp/articles/2021/09/10/08937698.html

    コメンテーターとしても活躍する「パックンマックン」のパックンさん(50)。1週間の間に同居する長男、妻、長女、そして自身の4人が新型コロナウイルスへの感染が判明し、自宅療養していました。家庭内感染を防ぐ大変さや、新型コロナへの備えの大切さを伺いました。

    家族の中で最初にPCR検査で陽性が確認されたのは14歳の長男。通学以外で外出することはほとんどなく、家族の中で1番外との接触が少なかったといいます。長男の感染が判明したあとすぐに自宅内に隔離部屋を作り、家族との接触を最小限にしていましたが、妻、12歳の長女、そしてパックンさんの感染が判明しました。

    パックンさんは家族4人、一軒家で暮らしています。窓があって換気ができる物置のような場所に “隔離部屋”を作り、長男はそこで療養していました。その後妻の陽性が判明すると、妻もその部屋に。療養者の身の回りの世話は残った家族で手分けして行っていました。

    家に2つあるトイレは“陽性者用”と“感染していない家族用”にわけたり、感染した家族が風呂を使うときには、LINEで連絡を取り合ったりするなど、極力接触を避けた生活を送っていました。

    パックンさん:寝込んでいた長男が4日目から「お風呂に入りたい」と言って、これは我々が一番緊張したところ。家の全部の窓をあけて換気状態を良くして、長男1人でお風呂に行ってもらって、使った後のタオルもすぐに洗濯機に入れてもらって。でもそれが感染ルートだったかもしれない。部屋を通る時に息を止めろなんて言えないし、家庭内隔離は難題ですね。

    隔離の難しさを実感しながらも、物理的な苦労よりも精神的な大変さの方が強く感じたというパックンさん。長男が1人で療養しているときに看病してあげられないつらさがあったといいます。

    パックンさん:息子は高い熱を出している。嘔吐をしている。寝られない…。その唸り声というかわめき声を聞いて「うわ…近くで慰めたいのにな」と、この思いを抱えながら我慢しなきゃいけなかったのは大変でした。親として近くで看病できないというのは非常に苦しむところですね。(妻の陽性が判明した後に)息子と妻が同じ部屋に入ってお互いに看病し合えたのは、救いだったかと思います。

    ―療養中の家族の会話で印象に残っているものは

    パックンさん:一番残るのはやっぱり「ごめんね」っていう子供が謝ってしまう瞬間。息子ほど常にマスクをつけている、消毒も徹底している人は知らないです。でも彼が先にかかってしまったことや看病してもらったことに「ごめんね」って言うんです。それがつらいですね。

    ――パックンさんが、いま伝えたいことは

    パックンさん:災害と同じように、このコロナ感染も“いつ起きてもおかしくないような世の中”になっています。日本は震災の対策を事前にやっている方が多いと思うんですが、今のうちに“隔離生活の準備”もしておいた方がいい。自分がかかった場合は何を食べるのか、家族がかかったらどこに隔離するのか、隔離生活の間に誰に買い物に行ってもらうのか…。かかってからパニックになるんじゃなくて、「準備はしているから大丈夫だ」というその安心感があった方がどんなに気が楽だったのか。振り返ってみて反省するところでもあります。ぜひ皆さんにおすすめしたいと思います。


    (出典 www.news24.jp)


    【【ツラい】パックン家族全員新型コロナ感染の実情語る!看病できない苦しさ】の続きを読む


    約束って?

    1 ひかり ★ :2021/08/19(木) 23:44:27.75 ID:CAP_USER9.net

    俳優の千葉真一(ちば・しんいち)さんが19日午後5時26分、千葉・君津の病院で死去した。82歳だった。

    千葉さんの息子で、次男の俳優眞栄田郷敦(21)が追悼コメントを寄せた。

    「一方的な約束をしてきました。それを守るだけです」とコメントした。眞栄田は千葉さんの最期をみとることはできなかった。

    関係者によると、千葉さんは7月末に新型コロナウイルスに感染。入院せず療養していたが、肺炎が悪化し、8月8日に入院。酸素吸入を続けていたが、回復に至らなかった。

    千葉さんは東映ニューフェイス第6期で、59年東映入り。68年TBS「キイハンター」でアクション俳優の地位を確立した。

    69年にジャパン・アクション・クラブ(JAC)設立、真田広之、志穂美悦子、堤真一らを輩出した。

    91年「エイセス」でハリウッド進出。「Sonny Chiba」(サニー千葉)の名で世界的に名をはせた。03年の米映画「キル・ビル」にも出演した。

    72年に女優野際陽子と結婚したが94年に離婚。96年に28歳年下一般女性と再婚したが、15年に離婚した。長女・真瀬樹里、長男・新田真剣佑、次男・眞栄田郷敦も俳優。176センチ。血液型O。

    日刊スポーツ

    https://news.yahoo.co.jp/articles/7f61647f7d2a83e7f7d8ec28f0c0800a8bb4be47


    【【マジで?】千葉真一次男眞栄田郷敦 最期みとれず!「約束を守るだけ・・」】の続きを読む


    後遺症の薬、作ってほしい

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/09/08(水) 11:54:24.42 ID:CAP_USER9.net

    9/8(水) 6:07配信
    女性自身

    Copyright (C) 2021 Kobunsha Co., Ltd. All Rights Reserved.

    「綾瀬さんは入院したときも、自分の体調のこと以上に『皆さんにご迷惑かけてホントすみません』と何度も仕事関係の方々に伝えていたそうです」(芸能関係者)

    8月31日、綾瀬はるか(36)が新型コロナウイルスに感染し、肺炎により入院中であると所属事務所から発表された。

    「8月20日夜、微熱があり抗原検査を受けたが陰性。翌日も都内の病院でPCR検査を受け陰性。しかし、その後も発熱が続き、26日に再度抗原検査したところ、陽性判定。自宅療養をしていましたが、肺炎の症状が出たため都内の病院に入院となりました。一部では中等症とも報じられていましたが、現在の病状は回復に向かっているとのことです」(スポーツ紙記者)

    帝京大学大学院公衆衛生学研究科の高橋謙造教授は言う。

    「綾瀬さんのように新型コロナ肺炎で血中酸素濃度がかなり下がっていても、本人に自覚がないことが多いんですね。周囲の人が“平気かな?”と目を離した隙に倒れているようなこともありえるので、入院時は急変を含め、現場は緊迫していたかと思います」

    病院では、どんな治療が行われているのだろうか。

    「確実に投与されているのは『デキサメタゾン』というステロイドの点滴です。酸素吸入も当然されていたと思います。症状にもよりますが、通常2~3週間程度は入院となります」

    今年、女優デビュー20周年を迎える綾瀬は、今年1月期の連ドラ『天国と地獄』(TBS系)で主演を務めていた。

    「高橋一生さんとの迫真の入れ替わり演技で評判となり、平均世帯視聴率が15.3%を記録。彼女の代表作のひとつとなりました。今春公開の主演映画『奥様は、取り扱い注意』も興行収入10億円を突破。『タレントパワーランキング2021』女優部門でも新垣結衣さん(33)を抜き首位の座を奪還するなど、勢いが衰えることはありません」(テレビ局関係者)

    「肺炎までいくと後遺症として“息苦しさ”が残る人が多い」
    次の出演作に向け備えていた綾瀬に今後、懸念されるのは後遺症の問題だ。「のぞみクリニック」の筋野恵介院長はこう語る。

    「新型コロナの後遺症の特徴として、肺炎までいくと“息苦しさ”が残る人が多いという点です。何も症状が出ない人や、味覚障害だけ起こしたような軽症の人よりも、肺炎などで入院した中等症の人に多いです。高齢者に限らず、若い人でもいます。肺炎のせきだけなら2週間から1カ月程度で治ることが多いのですが、非常に疲れやすくなり体力が落ちて、ちょっと動いただけで息切れするような状態が1~3カ月続く人もいるのです」

    息苦しさだけではなく、別の兆候にも注意が必要だという。新型コロナウイルス後遺症外来を設置している「ヒラハタクリニック」の平畑光一院長は言う。

    「中等症の後遺症の可能性としていちばん多いのは、原因不明の倦怠感や痛みなどが続き、日常生活も困難になる『慢性疲労症候群』です。鉛を背負ったようなだるさや、文章の理解が難しくなることもあるので、台本を覚えられないということもありえます。これは治療法もなく、国内には専門医も少ないのが現状です。無理をすることで悪化しますので、そういったリスクを避けるためにも退院後はしばらく休むことをおすすめします」

    実は綾瀬の次回作は9月末からクランクインする予定だった。

    「木村拓哉さん(48)が織田信長役で主演する映画に出演するようです」

    と語るのは、映画ライター。

    「この時代劇は東映70周年の記念作品。撮影は京都・東映太秦映画村で行われ、綾瀬さんは信長の正室・帰蝶役を演じるのではないかといわれています。綾瀬さんは10年ぶりとなる木村さんとの共演を非常に楽しみにしていたそうです」

    全文はソース元で

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/b1ba8b4963ffc81bd62d344776becba25178c446


    【【ツラい】綾瀬はるか、医師が懸念!コロナ後遺症…台本覚えに支障が・・】の続きを読む


    味覚障害・・・

    1 jinjin ★ :2021/09/06(月) 23:59:18.72

    「コロナは風邪」GACKTが感染?“生配信休止”が物議「重症化してる?」


    ミュージシャンのGACKTが「コロナに感染しているのではないか」とネット上でウワサになっている。


    GACKTはライブ配信サービス・ニコニコ生放送の月額制チャンネル『GACKTと一緒に家呑み!!』の生配信を、8月14日から体調不良を理由に休止。

    31日に更新したツイッターでは、秘書が《毎週土曜日に配信中の【GACKTと一緒に家呑み!!】ですが、体調不良によりお休みさせて頂いておりますが、9月度は生配信を行わず、過去放送分から厳選した再放送を土曜日22:00~配信させて頂きます》とツイートしている。


    「GACKTは8月6日に《明日はニコ生!! BREAKERZのSHINPEIとプロレスラー、奥田啓介選手の2人を迎えての家呑みだ! なんだ、この組み合わせ??》とツイートし、生放送を大々的にPRしていましたが、14日の投稿で突如、《8/14(土)22:00~23:30で配信予定のニコニコ生放送『GACKTと一緒に家呑み!!』ですが、GACKTが体調不良につき中止とさせて頂きます》と報告。以降、〝体調不良〟と伝えただけで、詳しい事情を説明していません。48歳になることから、コロナに感染して、体調回復の目処が立っていないのではないかとウワサされています」(芸能記者)


    コロナ感染を“風邪”と豪語していたGACKT

    このツイートに対し、ネット上では

    《とても心配しています。もしかしてコロナに感染したんじゃないですか? きちんと説明して下さい》
    《こんなにも体調不良が続くなんて余程のことだと思います。もしかしてコロナに感染して重症化してるとか?》
    《突然、体調不良になるってコロナしか考えられないんだけど…。なんで事務所はきちんと発表しないんだろう》
    《9月も生配信しないんだ。もしかしてコロナでヤバイ状況になってるんじゃ…》
    《ご自身がただの風邪と言っていた感染症にかかり、正直に言えないのかもしれませんね》

    などと、コロナ感染を心配する声が殺到している。


    GACKTは5月14日に行った生配信で、「みなさん、ちょっともうコロナよくないすか? もうあんまり神経質になることやめないですか」
    「風邪ですよ、これ。風邪。はい。例年ね、風邪で亡くなる方もいっぱいいるわけですから」などとコロナを軽んじるかのような発言をしている。


    コロナを軽視した手前、今さらコロナに感染したことを発表できないのかもしれない…。


    https://myjitsu.jp/archives/302201


    【【ありゃーー】GACKTがコロナ感染?“生配信番組休止”が物議…重症化?】の続きを読む


    41度、高熱すぎ

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/09/05(日) 20:25:58.86

    9/5(日) 19:36
    スポニチアネックス

    新型コロナ感染のジャンポケ斉藤 入院していた 41度の高熱も受け入れ先なく 後遺症でKOC準決勝辞退
    ジャングルポケットの斉藤慎二
     新型コロナウイルスに感染したお笑いトリオ「ジャングルポケット」の斉藤慎二(38)が8月14日から12日間、症状悪化により入院していたことを5日、トリオのYouTubeチャンネル「ジャンポケTV」で明かした。明日6日から仕事復帰する。療養期間終了後も血中の酸素飽和度が低くなるなど後遺症が残り、仕事を休んでいた。トリオは「ネタができるコンディションではない」と今月2、3日に東京・日経ホールで行われたコント日本一決定戦「キングオブコント2021」準決勝への出場を辞退した。

    【写真】コロナ感染ですっかり筋肉が落ちてしまったジャンポケ・おたけのビフォーアフター

     8月10日に発熱し、PCR検査を受けた結果、陽性と診断。斉藤は「発症から5日目、(8月)14日から25日まで12日間、入院していました」と報告。8月25日から、この日9月5日まで自宅療養していた。

     リーダー・太田博久(37)は「コロナの自宅療養は終了していたんですが、後遺症がありまして。斎藤さんの体内酸素の数値が、ちょっと動いたり、声を出しりした時に、どうしても90前半まで、すぐに落ちてしまうということで、仕事ができるコンディションではない。ここが安定するまで自宅で療養しようと会社側ともお話しをして、それが落ち着いてきて、明日から本格的に復帰していこうということで、この動画で説明させてもらうということで」とした。

     斉藤によると、陽性と診断された8月10日に救急車を呼んだが、入院先が見つからず。熱は41度まで上がった。2日目の時点で肺炎と診断され、5日目に受け入れ先が見つかり、入院した。

     おたけ(38)も8月13日に感染し、10日間の自宅療養で回復した。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/053838da356830484fdd5d4141e8e2deffebc262


    【【キノドク】ジャンポケ斉藤コロナ入院!41度の高熱…KOC準決勝辞退】の続きを読む

    このページのトップヘ