おもしろがり速報

芸能ニュースや旬なニュースをまとめてお届けします。
芸能人、有名人、アイドルの噂やスキャンダルなど
おもしろネタや記事を配信します。

    タグ:岡本健一


    のけ者・・・・

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/11/17(水) 15:15:35.40

    11/17(水) 11:12
    文春オンライン

    「退所するタレントとエージェント契約を結ぶなんて、ジャニーズ初の試みですよ」(芸能デスク)

     10月末日でジャニーズ事務所との専属契約を終了する元男闘呼組の岡本健一(52)。だが、今後の芸能人生も安泰のようで――。

    ◆ ◆ ◆
    エージェント契約で退所後の安定を勝ち取った岡本

    「飯食いに行くぞ」…木村拓哉が岡本健一を今でも慕う理由は「SMAP時代の“イジメ事件”」
    元男闘呼組・岡本健一
     年長者の“リストラ”が相次ぐジャニーズ。昨年末には少年隊の錦織一清(56)と植草克秀(55)が退所し、今年4月末には“不動のトップ”近藤真彦(57)が追われるように事務所を去った。

    「所属タレントの年齢順でいえば、岡本は東山紀之(55)と元光GENJIの内海光司(53)に次ぐ3番手。目立った活動のない内海や別会社を立ち上げたTOKIOのメンバーは別として、今回岡本が事務所を出たことで、その“舎弟分”の木村拓哉(48)が事実上、序列のナンバー2に躍り出た格好です」(同前)

     ジャニーズを辞めたタレントはドラマや歌番組に出演する機会が制限され、フェイドアウトしていくのが芸能界のならわし。だが、岡本はエージェント契約を結ぶことで退所後の安定を勝ち取った。異例の特別扱いを後押ししたのは他ならぬ木村だったという。
    岡本を“レジェンド”扱いする木村

    「かねてから、木村は尊敬する先輩に岡本の名を挙げ、自身のラジオ番組のゲストに招いたり、トーク番組で過去のエピソードを披露したりと、岡本を持ち上げてきました。木村が岡本を“レジェンド”扱いすることで、男闘呼組の全盛期を知らない後輩たちも岡本に恭順の意を示すようになったのです」(同前)

     岡本がボーカルを務めた男闘呼組は、88年にデビューした4人組のロックバンド。同時期に絶大な人気を博した光GENJIの陰に隠れ、わずか5年で解散に至ったが、ジャニーズらしからぬ音楽性を追求した硬派なスタイルは今もファンの語り草になっている。
    「一時期木村のトレードマークだったロングヘアや耳に開けたピアスは、当時彼が憧れていた岡本の影響です。事務所は難色を示したものの、岡本から『やりたいことは全部やれ!』と言われた木村は感激し、足にタトゥーまで入れてしまったほど」(岡本の知人)

    「飯食いに行くぞ」腐っていた木村に声をかけた岡本

     2人の師弟関係を決定づけた出来事が、SMAP時代の“イジメ事件”だ。

     ジャニーズの合宿所で、ある有名グループのセンターだった先輩から「服をやるよ」と言われたSMAPのメンバー。一人ひとり名前を呼ばれる中、木村だけが除け者にされ、最後まで声をかけてもらえなかった。「何だよこの仕打ち」と腐っていたら、たまたま通りかかった岡本が「飯食いに行くぞ」と木村に声をかけ、フォローしたという。

    「木村はその一件に、いまだに恩義を感じ続けているのです」(同前)

     以来、2人はプライベートでも交流を深める。木村は岡本の影響でギターをはじめ、活動の主軸を舞台に移した岡本の後を追うようにして俳優業に邁進した。
    元男闘呼組のメンバーが集まり、再結成イベントを行う計画も

    「今年の9月中旬に出演した『TOKIOカケル』(フジテレビ系)でも、憧れの先輩の名前を聞かれた木村は『岡本くん』と即答していました」(同前)

     近年も舞台を中心に活動し、8月には長男の元Hey! Say! JUMPの岡本圭人(28)との親子共演も果たした岡本。もはやジャニーズでやり残したことはないようにも思えるが、近く元男闘呼組のメンバーが集まり、再結成イベントを行う計画もあるという。

     亀や鶴ならぬ「キムタクの恩返し」。めでたし、めでたしである。
    「週刊文春」編集部/週刊文春 2021年11月4日号


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/16c61ece7cf23e696671deb78ea942359ede4f30


    【【まじでか!?】木村拓哉 すげえ“イジメ”をされていた・・・!!!】の続きを読む


    エージェント契約

    1 フォーエバー ★ :2021/10/19(火) 20:39:46.25

    俳優の岡本健一(52)が10月31日をもってジャニーズ事務所との専属契約を終了し、翌11月1日付で新たにエージェント契約を締結すると19日、公式サイトで発表された。

    岡本健一のテレビ出演歴

     公式サイトによると「岡本は、グループとしての活動以降、役者としての道を歩んでまいりました。皆さまの温かいご支援により、役者としてのキャリアを一歩ずつ、そして、着実に積み重ねながら現在まで演じる機会をいただいていることに所属事務所としましても、心より御礼申し上げます」と伝えた。

     今回の決断に至った経緯について「50歳を過ぎ、タレントとしてのキャリアも35年以上が経過したことを節目に、これからさらに年齢を重ねていく中でより充実した創作活動を行うためにも、新たな挑戦が必要だと考えたことによるものです」と説明。「これまで以上に活動の幅を広げることができ、自身の責任において仕事を全うすることが求められる環境に身を置くべきではないかと考え、この度、エージェント契約を選択することといたしました」としている。

     続けて「今回、岡本の中で一貫しておりましたのは、『これからもジャニーズのエンターテイメントを継承する者の一人として創作活動に励んでいく』ということでした」とし、「弊社としましても、岡本が思い描く今後の展望から契約関係を継続しつつ、新たな挑戦を希望する岡本の意思を尊重し、エージェント契約を締結するに至りました」と記した。

     「これから環境の変化はございますが、皆さまにお楽しみいただけるエンターテイメントをお届けすることには変わりありませんので、今後とも岡本健一へのご支援ご声援の程、よろしくお願い申し上げます」と呼び掛けている。 岡本は1969年5月21日生まれ、東京都出身。元男闘呼組のメンバー。日本テレビ系『禁断の果実』、TBS系『不機嫌な果実』などのドラマに出演。また『ペール・ギュント』、『嵐が丘』、『ヘンリー六世』など、舞台に多数出演している。2021年3月には『第71回芸術選奨』演劇部門で文部科学大臣賞を受賞した。息子は同じくジャニーズ事務所に所属している岡本圭人。

    2021年10月19日 19時35分 オリコン
    https://news.livedoor.com/article/detail/21054409/


    【【アレレーーー】岡本健一 またゼロから・・・!!!!!】の続きを読む

    このページのトップヘ