おもしろがり速報

芸能ニュースや旬なニュースをまとめてお届けします。
芸能人、有名人、アイドルの噂やスキャンダルなど
おもしろネタや記事を配信します。

    タグ:引退


    マツコデラックス(1972年〈昭和47年〉10月26日 - )は、日本のコラムニスト、タレント、女装家、司会者。千葉県千葉市稲毛区出身。所属事務所はナチュラルエイト。血液型はA型。新聞のラテ欄やニュースサイトの見出し欄などでは、文字数制限の問題から「マツコDX」と表記されることがある。
    54キロバイト (6,636 語) - 2021年11月27日 (土) 11:57


    確かにね・・

    1 (東京都) [US] :2021/11/28(日) 19:00:28.96


    これまで多くの番組で〝引き際〟を口にしてきたタレントのマツコ・デラックスが、11月13日放送の『マツコ会議』(日本テレビ系)でまたも引退に言及した。

    《マツコ・デラックス 画/彩賀ゆう (C)まいじつ》

    (出典 myjitsu.jp)


    この日はヒップホップユニットの『Creepy Nuts』をゲストに迎え、ヒップホップ界の未来についてトーク。マツコとDJ松永のここでの発言が女性蔑視だと炎上しているが、この影に隠れ、マツコから爆弾発言が飛び出たことはあまり注目されていない。

    マツコは「本当、今(テレビ)見ていても、みんな言葉を選んで言っているし、そもそも戦いに来てないし、何か通りすがりで台本通りにさ、何か食って感想言って帰ればいいって思ってやっている人ばっかりだよ」

    とテレビ界の現状を嘆くように指摘。自身についても、
    「色々、本当に考えているのよ」と、テレビ界の現状に合わせ、視聴者にとっては面白みのない楽な仕事ぶりを反省するように語った。

    そしてここで、
    「どのタイミングで私は身を引こうかなって、ずっと考えている」
    と、これまでも繰り返してきた引退のタイミングに改めて言及。理由について、

    「本当の大事な魂まで売りだしたら、私は死ぬまでテレビにすがって、哀れな姿をさらし続けて、笑ってもらっているんじゃなくて、笑われて生きるようになってしまうから」
    「最後に絶対売っちゃいけないものを売りすぎみんな…」と説明した。

    ■またも飛び出た引退論…果たしてXデーは?

    「マツコはハッキリ物を言う毒舌キャラでブレークしましたが、今やすっかり毒なんか抜けて大衆迎合していますよね。かつては木村拓哉や佐々木希、『AKB48』らも厳しく評価し、嫌いなものは嫌いとハッキリ言っていました。仕事のためにこうした発言を封印した時点で魂を売ったように感じますが、どうやら、自身の中には何があっても譲れない思想があり、それだけはどうしても曲げられない・曲げたら引退だと腹を括っているようです」(バラエティー関係者)

    ------ネット上にはこの発言に------

    《かりそめ天国が終わったら マツコは引退に向けて動き出す気がする…》
    《既に魂を売って金に替える仕事多数をやったと思うが》
    《このレベルの大御所って自分のために働いてるんじゃなくて、事務所やスタッフを食わすために働いてる部分があるからな》
    《芸能人はほとんど魂を売って金を稼いでしまっているのかな。マツコさんはそうなれば最後は引退をする覚悟なんでしょうね》

    ------------------
    といった反応が。またも飛び出した引退論に、心配の声だけでなく、「早くやめろ」といったさまざまな意見が出ている。

    …etc

    マツコ・デラックス“芸能界引退”へ…Xデーはすぐそこ?
    https://myjitsu.jp/archives/316122
    2021年11月20日 10:32 まいじつ


    【【なんだって~!】マツコ・デラックス 引退?本音ポロリ・・・www】の続きを読む


    芸能界を襲う深刻問題「コロナ後遺症で俳優が台本を覚えられない」
    …障害が出るという、「コロナ後遺症」に見られる代表的な事例だ。 「役者にとって致命傷になるのは、台詞を覚えられないこと。さらに台本の構成もよく理解できな…
    (出典:FRIDAY)


    アドリブで言うしかない・・・

    1 影のたけし軍団ρ ★ :2021/11/08(月) 12:21:53.28

    「何度も練習しているのに台本をなかなか覚えられない役者がいるんです。まるでスポンジに水をそそいでいるかのような状態で、すぐに忘れてしまうとか。

    原因は『コロナ後遺症』です。そのことがキャスティングする側に広まったらタレント生命にも関わってくる。
    彼ら彼女らに責任はないのに、それでもビクビクした日々を送っています」(大手芸能事務所関係者)

    新型コロナウイルス対応の緊急事態宣言は、9月30日をもって発令されていた全都道府県で解除された。
    11月に入ってからも日本全国の新型コロナウイルスの新規感染者数は目に見えて激減している。

    そんな状況に反して、テレビ業界で不安視されているのが、「コロナ後遺症」に悩む芸能人たちの存在である。
    なかには芸能界引退や長期休業を選択せざる負えないタレントが今後、出てくる可能性もあるようだ。

    これまで多くの芸能人が新型コロナウィルスに感染し、活動休止を余儀なくされてきた。

    所属事務所によって名前が明らかにされているのは、女優の綾瀬はるか(36)をはじめ、
    広瀬すず(22)、永野芽郁(22)や石原さとみ(34)、俳優の内野聖陽(52)や新田真剣佑(24)、沢村一樹(54)、風間俊介(38)、歌舞伎俳優の片岡千之助(21)など。

    他にタレントの野々村真(57)、Kis‐My‐Ft2の千賀健永(30)、石田二コル(31)、ももいろクローバーZの玉井詩織(26)、
    芸人では爆笑問題の田中裕二(56)、くりぃむしちゅーの上田晋也(51)、陣内智則(47)、「かまいたち」の濱家隆一(37)と山内健司(40)、
    「ミキ」の昂生(35)、「南海キャンディーズ」の山崎静代(42)、「アンジャッシュ」の児嶋一哉(49)など、かなりの人数に上る。

    彼ら彼女らは問題なく仕事に復帰しているが、一方で感染して回復後もコロナ後遺症に悩まされている芸能人が少なかずいるという。

    匿名を条件にコロナ後遺症の実態について証言するのは人気女優Xの関係者だ。
    「世間の人々に偏見を受けないよう、少しでもコロナ後遺症の実態を知ってもらいたい思いで話をします。本人も時期が来たら会見を開くかもしれません」

    コロナ後遺症に悩む芸能人たちを苦しめているのが、“ブレーンフォグ”(脳の霧)とよばれる症状だ。
    まるで脳に霧がかかったような状態に陥り、思考力が落ち記憶にも重大な障害が出るという、「コロナ後遺症」に見られる代表的な事例だ。

    「役者にとって致命傷になるのは、台詞を覚えられないこと。さらに台本の構成もよく理解できなくなってしまう。
    結果、ほかの俳優との絡みでNGを連発してしまうんです。やむなくスタッフが大きな紙に書いたカンペを用意しても、字ずらを追うことで演技のテンポが悪くなることが避けれません」(同前)

    このの悩みを抱えるのは俳優だけではないという。
    「いわゆる『ひな壇タレント』たちです。セリフはなくても、台本の流れを把握できない。その結果、自分が発言していい場面をよく理解できないため、言葉数がガクンと減ってしまうことになります」(民放テレビ局関係者)

    もう一つ、コロナ後遺症に悩む芸能人を苦しめている症例が味覚や嗅覚の障害だ。
    今やバラエティ番組に「食レポ」は欠かせない。コロナ後遺症によって失業の危機に瀕しているタレントもいるという。

    「新型コロナウイルスに感染すると、軽症であっても匂いや味が分からなくるケースが多く見られました。
    しかも、回復後も味覚や嗅覚がなかなか完全に戻らない場合が多い。タレントがその状態だと、当然ながら、食レポでは上手くコメントができません。演技だとどうしても嘘っぽく聞こえてしまいます」(同前)

    また女優やアイドルら女性タレントを悩ませているコロナ後遺症が、脱毛症例と倦怠感である。

    「髪がどんどん抜けてしまう症状が出る場合があるんです。髪を洗った時や朝起きて枕を見た時に、あまりの抜け毛の多さに仰天するそうです。
    ウィッグでごまかすことにも限界があります。これは仕事に大きな影響が出ます。

    もう一つは倦怠感です。体がだるいため、撮影の合間にすぐに座ったり、横になってしまいがちです。すると共演者やスタッフの間に『やる気がない』とか『さぼっている』といった悪い印象を植え付けてしまう」(前出・大手芸能事務所関係者)

    さらにこんな話も聞こえてくる。

    「所属タレントがコロナに感染したことを公表する事務所は良心的なところだけですよ。黙っている事務所も当然あるでしょう。
    コロナ後遺症を心配されてしまうことで、仕事を失うことがありえますからね」(前出・芸能プロ関係者)
    https://friday.kodansha.co.jp/article/213276


    【【なんだって~!】コロナ後遺症 芸能界がガチヤバい・・・!!!】の続きを読む


    ストレート

    1 ニック(東京都) [CN] :2021/10/28(木) 20:10:13.37


    昨年7月に芸能界から引退した木下優樹菜さん(33)が28日、YouTubeチャンネルを開設し、タピオカ店とのトラブルを涙ながらに謝罪し、芸能活動再開の意向を示した。

    動画の冒頭、「判決が出ました」と、都内のタピオカ店経営者が木下さんを訴えた損害賠償請求訴訟の判決公判が27日に東京地裁(澤村智子裁判長)で開かれ、被告側に40万円の支払いなどの判決が言い渡されたことに言及。「今回自分のしてしまったことが脅迫という結果になり、それを真摯(しんし)に受け止めています。本当に嫌な思いをさせてしまった相手の方、不快な気持ちにさせてしまった皆さん、本当に申し訳ございませんでした」と、涙をみせながら深々と頭を下げて謝罪した。

    タレント時代からの自分のストレートな物言いについて、「それが視聴者の皆様にウケていたという自負もあった」といい、「今回の件で自分自身が発したことがこんなにも重く大きなことになるということを、2年間すごく実感しました」と反省も。

    また、「私は人を笑わせたり、私で笑ってくれたり喜んでくれたりするのがすごく大好きで、何ができるかなって考えても、私にはやっぱりみんなの前に立って仕事がしたいという気持ちがすごく強くて、この2年間、いろんな仕事も考えましたけど、この仕事しかできないって思いました」と、芸能活動への思いを吐露。「悪いことは悪いと認め、謝ることを、娘たちに恥ずかしくないように生きたいと思いました。子どもたち、娘たちのためにも働きたい、働かなきゃいけないし、私も頑張りたいの」とし、「これからもまた1から活動させて頂きたく思います。これからもよろしくお願いします」と呼びかけた。

    木下さんは19年10月、姉が勤務するタピオカ店とのトラブルについて、タピオカ店のオーナーから給料や給与明細をもらえなかったなどと投稿した上、オーナー側にどう喝まがいのダイレクトメールを送ったとされている。19年11月18日に芸能活動を自粛。20年7月1日、店側との和解が成立しないまま芸能活動再開を発表したが、そのわずか5日後の6日、芸能界からの引退を発表した。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/e158e23daee1aabe11aabd97d0146badb7e6e706


    【【はにゃ!?】木下優樹菜 やっぱり舞い戻る・・・wwwwwwww】の続きを読む


    再び・・・

    1 jinjin ★ :2021/10/28(木) 06:43:12.51

    石川梨華 夫・野上の引退で高まる芸能活動再開…7月には“匂わせ”ブログも


    「スッキリしている。今年もしっかり最後に投げられて悔いはない」
    こう語ったのは今季限りで現役を引退する巨人の野上亮磨投手(34)。

    2019年10月の左アキレス腱(けん)断裂から復活し、4月には605日ぶりに登板を果たすも、右肩の不調で5月に登録抹消となったまま、引退を迎えた。


    左アキレス腱(けん)の断裂の際、長いリハビリ生活を支えたのは妻で元モーニング娘。の石川梨華(36)。

    「石川さんは結婚後、野上選手を支えながら育児に専念するため、ファンクラブ向けのバースデーイベント以外はほとんど仕事をしてきませんでした。実は石川さんは、男性を好きになる条件として“巨人ファンじゃない人”と挙げるほど熱狂的な阪神ファン。
    ですが、野上選手が西武から巨人に移籍した際には『どの決断でもついていく』と野上選手に伝えたとか。石川さんはもともと世話好きな性格ということもあり、これまで熱心に野上選手を支えてきました」(芸能ライター)


    モー娘。時代の先輩・飯田圭織(40)も石川の結婚発表時に自身のブログで、『しっかりと責任感も待っているし、世話好き(たまに小姑と言われる事も(笑))で素敵な奥様になるでしょうね』とメッセージを送っていた。

    妻の支えも受けながら続けた現役生活を終える野上。
    対照的に、一部では石川の“復活”を期待する声があがっていると、ある芸能関係者はいう。

    「野上選手と石川さんの間に生まれた2人の男の子はまだ3歳と1歳。これからますます子育てにお金がかかるでしょうから、一家の大黒柱だった野上選手が引退するとなると、石川さんの芸能活動再開を期待する声が芸能界でも少なからずあがっているのです」


    実際、石川もその“予兆”ともとれる行動をしている。

    7月、石川は自身のブログで、実に10カ月ぶりに自撮り写真を投稿。《最近は子どもの写真ばっかり撮ってて自撮りしないから……お化粧も滅多にしないから……自分で自分がイケてるのかもイマイチなのかも正直分からない》と不安を吐露していたが、モーニング娘。時代と変わらぬ美貌にファンは歓喜していた。


    さらにこの投稿では、《でもさ みんなは あの頃の 自分大好き梨華ちゃんに また会いたい??》《実はね 密かに 梨華ちゃんスイッチ そろそろ入れようかなと 自分磨き始めてます》と芸能活動復帰を“匂わせる”ようなメッセージが。


    この投稿以降も連続で自撮り写真を投稿している石川。
    ブログが投稿された時点で野上の引退が決定していたかは定かではないが、ネット上ではファンの期待が高まっている。

    《梨華ちゃんそろそろ復帰かしらね 準備はしていたようだし。》
    《ついに石川梨華ちゃんが復活するのではないか。》
    《野上選手引退するのか 応援してただけに悲しい 梨華ちゃんになんか動きあるかな》


    https://news.yahoo.co.jp/articles/3f90dc8ecb808c1335f58fcdc1d5c86d822c8f0a


    【【わーいわーい!】石川梨華にスイッチが入る・・・!!!!!!】の続きを読む


    お疲れ様・・・

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/10/24(日) 05:48:40.23

    10/23(土) 23:26配信
    東スポWeb

    さんま(左)と斎藤佑樹(東スポWeb)

     明石家さんまが23日深夜放送の毎日放送ラジオ「ヤングタウン土曜日」に出演。今季限りで引退する日本ハムの斎藤佑樹投手を労った。

     清宮幸太郎が入団した2018年ごろに1度会ったというさんまは「そのときに『うわ、ちっちゃ!』と思ったんですよ。まあまあ元々マー君といつも比べられてたから。マー君はごっついし、そこで、高校生の時は決勝で戦ってんねんけど、『ちっちゃ!』と思って。あの身長でよく甲子園の決勝までいったたな、と。よくプロで契約してもらえたな、というのを思ってた」と素直な気持ちを回想。

     その上で今回の“決断”に当たり「清宮が涙流したという気持ちは(分かる)。今、清宮も調子出てないんですね。あれだけ騒がれて、まだ一軍に上がれてない中で、号泣した清宮の気持ちもものすごく分かるし。いいようにあの涙が生きてくれればいいですけど。『やっぱり頑張ろう』ってもう一度頑張っていただいて」と後輩にエールを送った。

     さらに「ドラフト1位で世に出ない選手いっぱいいるからね。ドラフト1位で高校では怪童と言われて、プロではまったく通用しない人もいてりゃ、高校時代ダメでテスト生で入ったのにすごかったりとか。斎藤君の場合、人気もあるし。入ってくれただけで契約金とか上回るから」としみじみ語った。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/c92905d12d71ee2d99c006fed9378791f11914c2


    【【マジ泣ける!】さんま 号泣した気持ちがわかる・・・!!!!】の続きを読む

    このページのトップヘ