おもしろがり速報

芸能ニュースや旬なニュースをまとめてお届けします。
芸能人、有名人、アイドルの噂やスキャンダルなど
おもしろネタや記事を配信します。

    タグ:自民党



    (出典 i.daily.jp)


    電撃婚より衝撃・・・・

    1 Anonymous ★ :2021/05/23(日) 10:40:29.97 ID:CAP_USER9.net

    2021年5月22日 09:57
    https://www.asagei.com/176362

    (出典 cdn.asagei.com)


     政界関係者が重い口を開く。

    「実は永田町で、石原の政界転身が話題になっているんです。彼女は実際に与党関係者と繰り返し接触していて、出馬に向けたすり合わせを行っているといいます。順調にまとまれば、来年7月に予定されている参院選に出馬する方向で話は進んでいる」

     石原といえば、以前から創価学会の熱心な信者であることで知られる。電撃婚に関しても、所属事務所ではなく学会に相談してきたというほどである。仮に出馬というのであれば、創価学会が支持母体である公明党からというのが自然であろう。ところが、そうではないというのだ。

    「いや、自民党からですね。すでに自民党内では、石原の出馬説が駆け巡っていて『比例代表の顔になる逸材』として大歓迎ムードになっています。二階俊博幹事長(82)も彼女のファンとのことで、バックアップ体制は整い、期待感が高まるばかりです」(政界関係者)

     同じ政権与党とはいえ、公明党ではなく自民党を選ぶとは──。その背景にどんな動きがあったのか。所属事務所関係者によれば、

    「ひとつには彼女の夫の同級生に自民党本部の関係者がいて、そのルートから熱烈なオファーがあったというのです。とはいえ、人生の岐路で自分の意見をきっちり通してきた石原が、単純に目の前に提示されたものに飛びつくような打算的行動はしませんよ」

     全てを計算しての選択。石原が自民党から出馬した場合、連立を組む公明党にとっても多大なメリットが想定できるというのだ。

    「昨今の自民党の改憲方針やコロナ対応についての反発から、学会員の間で『アンチ自民』が増えつつあります。その流れに釘を刺し、選挙に対する一体感を生み出すためにも、公明党サイドからは渡りに船なんです。自民党に“貸し”を作ることにもなり、公明党としては現在よりも強い姿勢で政策決定に臨むことができる。自民からの『公明外し』の声を確実に減らすことにもつながります。石原の自民党入りが、自公の強固な結束のシンボルとなるでしょう」(政界関係者)

     そうした構図を把握した上で、石原は政界入りを目指すというのだから、その大胆さには恐れ入る。

     一方で素朴な疑問として、自民党からの出馬となれば、学会員からの反発はないのだろうか。学会内部の事情に精通した現役の学会員が言う。

    「公明党の議員にも非学会員がいるぐらいですから、まったく違和感はありません。政治と信仰を分けて考えるのは当然のことではないでしょうか」


    【【うわっ、マジ!?】石原さとみ、参院選に出馬・・・・・・・】の続きを読む



    (出典 tk.ismcdn.jp)


    国民第一で考えて・・・

    1 スタス ★ :2021/05/17(月) 21:27:51.10

    菅の失政にほくそ笑む…安倍晋三いよいよ「3度目の登板」へ準備が始まった…!
    菅は安倍へ「宣戦布告」

    前略


    菅が平常心を失っているのは、コロナ対策がどん詰まりのせいだけではない。「あの男」のニヤニヤがこのところ、何度も視界に入ってくるのが鬱陶しくて仕方ないのだ。

    たとえば、自民党が北海道・長野・広島の補選と再選挙で全敗した翌々日の4月27日にも、その男は上機嫌で喋りまくっていた。

    中略

    収録が終わった後も帰ろうとせず、さらに1時間も喋っていたそうです」(自民党中堅議員)

    中略

    ボクは役者が違う

    憔悴しきった菅を尻目に、安倍はこの1ヵ月だけでも「ポストコロナの経済政策を考える議員連盟」「保守団結の会」「原子力リプレース推進議員連盟」と議連の会合3つ、自民党新潟県連の会合、さらに講演会「日本国憲法のあり方を考えるシンポジウム」で立て続けにマイクを握った。

    安倍に近い自民党議員が言う。

    「どこへ行っても会場は満杯。安倍さんとしても、党内と国民にどのくらい『安倍待望論』が広がっているか見極める意図があるのでしょうが、わざわざ確かめるまでもないという感じです」

    1年前、体調不良で国会にも記者会見にも出てこなくなった弱々しい安倍の面影はもうない。この4月には、ごく親しい自民党関係者の前でこう豪語したという。

    「もう体調は万全。これからはアップデートしたアベノミクスで、コロナ後の日本に貢献したい」

    中略

    安倍が人前への露出を増やし始めたのと時を同じくして、不可解な事件が立て続けに起きた。それは菅による「宣戦布告」だと永田町で捉えられている。

    ひとつめは、財務省が突如「赤木ファイル」の存在を認めたことだ。

    安倍が中心となって起きた森友学園問題で、公文書の書き換えを命じられた近畿財務局職員の故・赤木俊夫さんが、経緯を文書に書き残していた。それが赤木ファイルだ。

    安倍とその妻・昭恵の関与を示す証拠となるかもしれない、超のつく重要書類である。

    「そんなものを出すか出さないかなんて、財務省単独では絶対に判断できない。

    ファイルの隠蔽を指示したのは安倍氏か今井(尚哉前首相補佐官、安倍の最側近)氏、菅総理のうちの誰かと言われていましたが、今回、菅総理は情報公開を容認した。

    明らかに安倍氏、そして麻生財務相に対する牽制です」(全国紙財務省担当デスク)

    そしてもうひとつが、前経産相で衆院議員の菅原一秀に、新たに公選法違反疑惑が浮上したことだ。

    菅原は昨年、選挙区内の有権者に香典を出したかどで捜査を受けたが不起訴になった。

    それが先月、地元のイベントに祝儀を出していたことが寄付行為にあたるとして、東京地検特捜部の再捜査を受けたのである。

    「菅原さんは菅グループのひとつ『令和の会』の会長で、菅総理が目を掛ける子分。この大変なタイミングで狙い撃ちされたのに、総理が彼を守ろうとしないのが不可解だ。今やる必要がある事件なのかどうかも謎だ」(自民党閣僚経験者)

    どちらも一歩間違えれば、菅自身が巻き込まれかねない案件である。官房長官時代の菅であれば、どんな手を使ってでも握りつぶし、表沙汰にはしなかっただろう。

    そんな爆弾を菅が野放しにする理由は、ひとつしか考えられない。

    (俺をおちょくり、陥れようとするなら、どうなるかわかるよな。またモリ・カケ・サクラを蒸し返されたいか? 東京地検も動くかもしれないぞ)

    これらは安倍と麻生に対するメッセージなのだ。

    https://gendai.ismedia.jp/articles/-/83134?page=6


    前スレ

    【速報】安倍晋三、3度目の再登板へ「もう体調は万全。アップデートしたアベノミクスで、コロナ後の日本に貢献したい」★3 [スタス★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1621250145/


    【【速報】安倍さん3度目登板、菅さん宣戦布告 !!!!!!!!!】の続きを読む

    このページのトップヘ