おもしろがり速報

芸能ニュースや旬なニュースをまとめてお届けします。
芸能人、有名人、アイドルの噂やスキャンダルなど
おもしろネタや記事を配信します。

    タグ:視聴率


    面白いけど・・・・

    1 冬月記者 ★ :2021/12/01(水) 05:42:51.47

    https://news.yahoo.co.jp/articles/fe558ad1e104fbe77ff35fc5717b0b36e3b8dadc

    米倉涼子「ドクターX」がついに地盤沈下 劇場版〝拒否〟のウラに過去のトラウマ

     女優・米倉涼子(45)が主演を務めるテレビ朝日系のドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~シーズン7」(木曜午後9時)が、まさかの〝低空飛行〟となっている。

     これまで7話まで放送されたが、平均世帯視聴率が最も高かったのが初回の19・0%。あとは15~16%をウロウロしている。かつては当たり前のように記録していた20%には達していない。

    「19年のシーズン6から数字に陰りが見えましたが、シーズン7の落ち込みは激しい。11月25日放送の第7話に至っては、これまでのワーストとなる14・9%。2年ぶりの放送に、大いに期待してたテレ朝幹部の落胆ぶりは目も当てられません。若者のテレビ離れが進む中、各局とも〝地盤沈下〟が進行中ですが、『ドクターX』も例外ではない」(芸能関係者)

     同ドラマでは毎回、ゲストを登場させることが高視聴率を支える要因となっていた。今作でも第1話に岡田将生、第2話に夏川結衣、第4話に元宝塚のトップスター・凰稀かなめと元テレビ東京アナの鷲見玲奈、第5話に松下奈緒を投入。それでも視聴率を押し上げることはできず、そろそろゲストも〝ネタ切れ〟のようだ。

    「予算の問題もあって、簡単に大物ゲストは投入できない。そこで第7話に田中圭、第8話に高畑淳子ら、過去に出演歴があり、しばらくごぶさただったキャストを呼ぶことになりましたが、果たして効果があるのかどうか」(テレ朝関係者)

     同局としては歯がゆい思いがある。一般的に高視聴率のドラマは、映画化してファンをつなぎとめることがある。だが、これほどのヒットしているにもかかわらず、「ドクターX」は映画が製作されていない。理由は米倉が「映画化はいたしません!」とクビをタテに振らないからだという。

    「米倉にはトラウマがあるようだ。同じテレ朝で主演した高視聴率ドラマが2010年、『交渉人 THE MOVIE タイムリミット高度10,000mの頭脳戦』として映画化されましたが、コケてしまった。以後、映画のオファーは受けていない。でも『ドクターX』の劇場版を制作していたら、違った展開になっていたかもしれませんね」(同関係者)

     今後、巻き返すことはできるのか。(視聴率は関東地区、ビデオリサーチ調べ)


    【【ガチ!?】米倉涼子 このままではヤバい…一気に・・・・】の続きを読む


    嵐がよかった

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/08/24(火) 07:44:10.44

    8/24(火) 5:15
    東スポWeb

    24時間テレビ 視聴率下落は誰のせい? 業界内からは「そろそろ本気で考えるべき」の声
    くりぃむしちゅー・上田は「孤軍奮闘」を見せたが…
     日本テレビ系恒例のチャリティー番組「24時間テレビ 想い~世界は、きっと変わる。」(21~22日)の世帯平均視聴率が23日に発表され、関東地区で12・0%(ビデオリサーチ調べ)だったことがわかった。昨年の15・5%から3・5ポイント下落した。

     今年は昨年以上に新型コロナウイルスが感染拡大し、13都府県に緊急事態宣言が出される中、ジャニーズの人気グループ「King&Prince」が初めてメインパーソナリティーを務めたが、キンプリファンを除くとネット上には「感動の押し売りに飽きた」、「ただの24時間ジャニーズテレビ」といった批判的な声があふれた。

     コロナ禍のためワクチン接種2回を徹底するなど万全の体制での放送だったが、コロナ感染を意識してか全体的におとなしめ。一方、場を盛り上げようと「くりぃむしちゅー」の上田晋也(51)が1人奮闘する場面もあった。

    「東京五輪のメダリストらを集めたバラエティー企画では、一部で上田さんが『ごちゃごちゃうるさい!』、『上田は放送事故!』などと批判されていました。ただ、実際はバラエティー慣れしていないキンプリが積極的にトークに絡めないのを察して、上田さんが1人でボケ、ツッコミ、司会の3役をこなして盛り上げていた感じ」(芸能関係者)

     上田はフリーの有働由美子アナとの真剣白刃取り対決で不意を突き、有働アナの大絶叫を引き出すなど、東京五輪直前にコロナに感染して五輪関連番組をすべて降板したツケを払うかのような大奮闘を見せたが、番組の視聴率を押し上げることはできなかった。

     前出の芸能関係者は「毎年のようにマンネリと言われているが、そろそろ本気で考える時では?」と、テコ入れの必要性を訴えた。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/c19450d02b2de72bb6230373c2bdc31aa93a6a48


    【【ナンダッテ~】24時間TV 視聴率3.5P下落!上田は「孤軍奮闘」】の続きを読む


    残念、テレビ離れ

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/07/18(日) 13:58:19.00 ID:CAP_USER9.net

    7/18(日) 11:01
    デイリー新潮

    TBS「週刊さんまとマツコ」が大苦戦 M1層(20~34才男性)は誰も見ていない衝撃
    明石家さんま、マツコ・デラックス
     7月11日、「週刊さんまとマツコ」(TBS)が、番組史上最低の視聴率3・7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区:以下同)を記録した。4月に鳴り物入りでスタートして以来、4%台の低空飛行ではあった。これではまずいと考えたのか、11日の放送ではDA PUMPのISSAをゲストに迎えたのだが、時すでに遅し――。
     ***
     番組公式ページにはこうある。

    《国民的お笑い芸人の明石家さんまと、日本を代表する“さんまファン”かつ“最強のお喋り相手”マツコ・デラックスがTBSで合体! /番組では、そんな2人がお互いの「知られざる顔」「新しい魅力」を引き出すべく、ある時はスタジオで、ある時はロケで思う存分喋り倒す。》

     確かにそうだった。どんな番組でも視聴者をつかんで離さない、テレビ界のツートップとも言える、さんま(66)とマツコ(48)が喋り倒せば、どんな化学反応が起きるのか、という期待があった。

     ところが、初回から期待外れだったことは、デイリー新潮「注目の新番組『週刊さんまとマツコ』 初回は意外な視聴率、不吉な予感と期待と――」(5月2日配信)でも報じた。民放プロデューサーが言う。
    テコ入れ時期を逃した

    「4月18日の初回放送は2人のカラミはなく、互いの楽屋と化粧室で、それぞれの現場ディレクターとの会話を交互に映すだけ。その内容も江藤俊久チーフプロデューサーを出世させるために番組を始めたなんて内輪話ばかりで、視聴率は4・4%と大コケしました。1週空いた5月2日の第2回で、裏番組の『サザエさん』(フジテレビ)の波平に扮したさんまさんと、サザエさんに扮したマツコさんが、ようやくスタジオで顔を合わせました。ところが、お互いに相手を持ち上げるばかりで、結果は4・1%とさらに下げることになった。その後も野村萬斎の娘、野村彩也子アナが二世としての悩みを相談したり、国山ハセンアナが安住紳一郎アナの新番組に行きたいと訴えたり、業界では話題になったものの、4%台を続けていました」

     そして7月11日の放送でとうとう4%を割り、番組史上最低の3・7%に。もはやチーフプロデューサーの出世どころではない。

    「11日の放送の収録日が、さんまさんの誕生日(7月1日)だったために、“芸能界一のプレゼント王”ISSAをゲストに呼んで、相手の心をつかむプレゼントの極意を披露して、2人を感心させていました。TBS制作陣もずっと4%台ではさすがにまずいと思って、内輪でないゲストを呼んだのかもしれませんが、最低の3%台まで落ちたわけです。正直言って、テコ入れの時期を逃していますね」

    M1層の個人視聴率に*マーク

     日曜18時半からの30分番組という枠も良くないのでは? 

    「11日の裏番組を見ると、『真相報道 バンキシャ!』(日本テレビ)は14・4%、『相葉マナブ』(テレビ朝日)は10・8%、そして彼らが扮装した『サザエさん』は8・5%です。報道からバラエティ、アニメもしっかり数字を取っています。いずれも固定客はいますからね。しかも日曜夜というのは、18時まで『笑点』(日テレ)を見て、18時からはフジの『ちびまる子ちゃん』と『サザエさん』を経て、19時から『NHKニュース7』と『ザ! 鉄腕! DASH!!』(日テレ)に分かれ、20時からNHK大河、『世界の果てまでイッテQ!』(日テレ)、『ポツンと一軒家』(テレ朝)に3分し、21時に日曜劇場(TBS)で収束するという、国民的ルーティーンがあるのです。それを切り崩すのは並大抵ではありません」

     個人視聴率で見ると、さらに酷いという。

    「そもそも編成の段階から見誤っていたかもしれません。ちなみに個人視聴率のコアターゲット層(13~49歳)で見ると、トップは『サザエさん』の5・6%でした。対して『週刊さんまとマツコ』は1・0%。100人のうち1人しか見ていない計算です。しかも、M1層(20~34歳の男性)に至っては禁断の“*”でした。視聴率は0・1%を割り込むと*マークで表示されます。つまり、ほとんど誰も見ていない……」

    全文はソース元で

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/37163fe401f52aa0dce538ccb17bdb447aeb4345


    【【あらまあ!】「さんまとマツコ」大撃沈!まさかの視聴率“誰もみてない”】の続きを読む



    (出典 coconutsjapan.com)


    太った・・・・

    1 jinjin ★ :2021/07/01(木) 23:31:37.48 ID:CAP_USER9.net

    新垣結衣が妊娠!?『ドラゴン桜』出演で疑惑浮上「もしかしておめでた?」


    俳優・阿部寛主演のドラマ『ドラゴン桜』(TBS系)の第10話・最終回が6月27日に放送され、世帯平均視聴率は20.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)だったことがわかった。

    前回の15.4%から5ポイントアップし、初の大台超えとなり、有終の美を飾った同作。
    第9回の終わりに放送された予告篇で、前シリーズ俳優のサプライズ出演が示唆されたこともあり、ネット上では山下智久が出演するのではないかと、予想合戦がくりひろげられたことも高視聴率に繋がったようだ。


    「期待された山下は声だけの出演でしたが、代わりに小池徹平、中尾明慶、紗栄子、新垣結衣ら前作の生徒役キャストが連続登場するサプライズに、SNS上は騒然となりました。2021年に放送され全ドラマの中でトップの数字を記録したことで、早くも秋口にスペシャル版の放送が検討されているようです」(エンタメ誌記者)


    新垣結衣が“お母さん顔”に?

    そんな中、視聴者が注目したのがサプライズ出演した新垣だ。
    彼女がドラマ出演するのは、5月に星野源と結婚を発表してから初めてとあって、視聴者からは歓喜の声があがっていた。


    しかし一方で、どことなくふっくらとした顔つきになっていたことから、ネット上では

    《ドラゴン桜に出ていたガッキーちょっとふっくらとしてたんだけど、もしかしておめでたかな?》
    《ガッキーの顔が前にも増して柔らかくなってて完全にお母さん顔になってる。これってもしかして、妊娠したとか…?》
    《新垣結衣、少し太ったみたい。これは幸せ太りなのか、それとも妊娠なのか?》
    《あんなにスレンダーだったガッキーが太ってる! これってまさかお腹に赤ちゃんがいるのかも》

    などと、まさかの〝妊娠説〟が広がっている。


    現在まで、新垣が妊娠したという発表はされていないが、仮に妊娠していたとすれば、安定期に入る5カ月目ごろが発表の目安になるだろう。
    もしかしたら秋口の特番に合わせて妊娠の発表があるかもしれない。


    https://myjitsu.jp/archives/290019


    【【なんだってー】新垣結衣が妊娠!? 完全にお母さん顔・・・・】の続きを読む



    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


    宣伝少ない単発ドラマ・・

    1 jinjin ★ :2021/07/02(金) 00:18:53.41 ID:CAP_USER9.net

    本田翼主演ドラマ『嘘から始まる恋』、ひっそり大爆死! 視聴率4.3%で「『ネメシス』の約半分も数字落とした」


    6月25日発売の「フライデー」(講談社)が、本田翼の熱愛を報じた。
    お相手は、本田の大ファンだという年下イケメン研修医。出会いのきっかけは、本田の知人が彼らをオンラインゲーム上で引き合わせたのだとか。

    2人はほとんど外出せず、本田の自宅で“巣ごもり愛”を貫いているという。
    そんなプライベートも順調な様子の本田が主演したスペシャルドラマが、ひっそりと大爆死を遂げていた。


    「27日の日曜午後11時から1時間枠で放送された『嘘から始まる恋』(日本テレビ系)です。結婚式を1カ月後に控えた中、10年交際してきた彼氏にフラれたヒロイン・莉子(本田)が、自分を幸せにしてくれる人を見つけるため、青森から上京。年収が手取りで1,000万円超えという大手商社マンの淳之介(町田啓太)と出会い、恋に落ちていくラブストーリーです。ほかのキャストには、山本舞香、神尾楓珠などが出演していました」(芸能ライター)

    ちなみに、オンエア当日は本田の誕生日。
    29歳を迎えた当日の記念すべき作品となったが、残念ながら視聴率というプレゼントは届かなかったようだ。


    「『嘘から始まる恋』の数字は、世帯4.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、個人2.3%でした。この枠は13日まで、広瀬すずと櫻井翔がダブル主演した『ネメシス』が放送されていたところ。放送時間は『嘘から始まる恋』のほうが30分遅かったものの、『ネメシス』の最終回は世帯8.6%、個人4.8%でしたから、これと比べると、その約半分も数字を落としていることになります。さらには、ドラマがコケたことがネットではほとんど触れられていないという無風ぶり。ひっそりと放送し、ひっそりと大爆死に終わりました」(同)


    CM契約本数は15本、YouTubeチャンネル『ほんだのばいく』の登録者数は219万人(6月30日現在)と、人気は申し分のない本田。
    さらに、熱愛が発覚した直後ということから、注目度が高まり、視聴率も伸びそうなものだが……。

    「当日朝の『シューイチ』(同)には生出演してドラマを宣伝していましたが、それ以外ではほとんどPRされなかったせいもあるでしょう。そもそも、本田は人気があるといっても、数字が取れる女優ではない。ドラマに出るたびネット上は『棒読み』『ヘタクソすぎ』と不評の嵐で、今作も主演が決まった時点で視聴率は期待されていなかったのでは」(同)


    https://www.cyzowoman.com/2021/06/post_347430_1.html


    【【あらま!】本田主演ドラマ『嘘から・・』ズッコケ!視聴率4.3%】の続きを読む

    このページのトップヘ