おもしろがり速報

芸能ニュースや旬なニュースをまとめてお届けします。
芸能人、有名人、アイドルの噂やスキャンダルなど
おもしろネタや記事を配信します。

    タグ:誹謗中傷


    許せないよね・・・・・

    1 牛丼 ★ :2021/12/29(水) 20:04:55.04

     インターネットの掲示板に殺害予告を書き込まれたタレントの中川翔子さん(36)。書き込んだ男は書類送検されたが、警察に相談し事件化される経緯の中で、中川さんは「書き込みが何倍にもなって加害者に跳ね返ってくる現実」を垣間見たという。中川さんに思いを聞いた。

     今年10月、脅迫と侮辱の疑いで警視庁中野署に書類送検されたのは都内に住む20代の男。6月にネットの掲示板で、中川さんに対し「自殺しろ」「殺害する」などと書き込んだとされる。報道によると、男は精神的なトラブルを抱えていたという。

     中川さんは「加害者についての詳細な話は控えさせていただきます」と前置きしたうえで、こう切り出した。

    「私以外のケースもそうだと思いますが、加害者側にどのような事情があったとしても、被害者にはその事情は関係ありません。ネットで脅迫的な書き込みや誹謗中傷を受け続ける側は、相手の姿が見えない状況で、恐怖におびえたり苦痛に耐えながらの毎日を生きなければならないからです」

     中川さん自身、ネットで自分への攻撃がいつから始まったかは覚えていない。それくらい長い間、数多くの中傷が続いてきた。

    「ありもしないことを書き込まれて……相手はたくさんいて自分はひとり。言い返すこともできず、泣き寝入りしかできないという空気の中で、芸能活動をやめたい、死んでしまいたい。そう思うこともありました」

     ただ、近年はネットでの脅迫的な書き込みや誹謗中傷について、警察に相談したり法的措置を取る有名人が増えてきた。その状況下で起きた自身への脅迫的な書き込み。容疑である「自殺しろ」という文言以外にも、危害を加えるかのような書き込みが複数あり、内容がエスカレートしていったという。

    「歩いていても、この先に誰かがいて襲われるんじゃないか。殺されたらどうしようと、恐怖がつきまとう日々でした。ただ、ここ最近、有名人は言われて当たり前、という空気が変わってきていると感じましたし、私自身も変わるべきだと思っていました。泣き寝入りしかできないと思っている人たちに何か形を示すことができればと、勇気を出して警察に相談することに決めたんです」

     こうしたネット中傷を取り巻く現状に、中川さんは率直な思いを語る。

    「中傷に悩んで精神を病んだり、実際に命を落とされた方もいます。その事実を考えると、匿名で終わるというのは被害者としては軽いと感じます。警察に相談するにしても、民事裁判を起こすにしても、被害者側ばかりが時間や労力、お金の負担を強いられる状況はおかしい。攻撃される側がもっと守られて、加害者が相応の制裁を受けたり負担をする形にならないと不公平だと思います」

     警察への相談から事件化、加害者の情報が伝えられるという経験をした中川さんは重ねて強く訴える。

    「匿名だから何を書き込んでも大丈夫、と思っていても、実際はすぐ特定されてしまうんです。投稿してしまったら消しても遅いし、失うものは本当に大きいですよ。今後、ネット中傷への対応はもっと厳しくなっていくと思います。いま書き込みたい言葉を、リアルの世界で面と向かって言ったらどうなるか。リアルの世界の延長にネットの世界があると認識して行動する、そういう局面に入ったのだと感じています」
    ★抜粋
    https://news.yahoo.co.jp/articles/23bbee27e28e8c2b541b5591aeeb519616b24ef5?page=1
    前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1640754294/


    【【はーツラい!】中川翔子 もうボロボロだったトラウマ明かす・・・・・・】の続きを読む


    許せるってスゴイ・・・・

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/12/20(月) 14:45:22.75

    12/20(月) 13:20
    スポニチアネックス

    北村匠海 SNSでの誹謗中傷に傷ついた過去 乗り越えて悟った「何言われても『ヒマだな』って思う」
    俳優の北村匠海
    4人組ダンスロックバンド「DISH//」のリーダーで俳優の北村匠海(24)が19日放送のフジテレビ「ボクらの時代」(日曜前7・00)に出演。SNS上での“エゴサーチ”について話した。

     北村は「一時期中毒的に(SNSを)見てたんですよ。結構もろいというか。全部パンチ食らうみたいな」「そのとき人生の中で、中学校のとき、裏掲示板でどうのこうのみたいな時代はあったんだけど、いじめられみたいな。こんな言われる人間なんだって思ってた時代があって」と誹謗中傷に傷ついた過去を明かし、「そこから(エゴサーチを)やめて、たまに目に入るそういう言葉も何言われても『ヒマだな』って思う。乗り越えたんだよね。悟った」と語った。

     さらに誹謗中傷をする人に対し、北村は「そういう人たちも許すっていうか、許すって偉そうだけど、例えば満員電車で疲れて人に寄りかかっちゃうサラリーマンさんとか『疲れてるね』って。そのときはなんか『いいよ俺の肩で寝て』」と話し、「そういうのをSNSとか、匿名だからって書く人たちも、会社ではこうなのかなとか、すごいそういう方に回ったというか、(誹謗中傷をする人たちも)ドラマがあってしょうがなさも…」「なんかその当時は理解してなかったけど、好きの反対は無関心だと」とした。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/89c5bc39e322be6c39f3a6e781af70568c438a1e


    【【マジすか?】北村匠海 カッコいいこと言ってしまう・・・・】の続きを読む


    恐ろしい心理だ・・・・

    1 Egg ★ :2021/12/24(金) 17:33:21.02

    女優・神田沙也加さん(享年35)が18日、宿泊していた札幌市内のホテルで急逝したショックがいまだ残る中、沙也加さんと真剣交際していたことを明かした俳優・前山剛久(30)に対するインスタグラムやツイッターなどでの非難、誹謗中傷の投稿が相次いだ。こうしたネット上での過剰反応は何故、沸き起こって来て、どう対処するべきなのか。また、記事の配信時点で、母の松田聖子がNHK「紅白歌合戦」に出場する可能性が高まっているとの報道もある。出場した場合に懸念されることを、元上智大学文学部新聞学科教授でメディア文化評論家の碓井広義氏に聞いた。

    *  *  *

     ツイッターを見てみると、前山さんに対し今後を応援する声も多い一方で、誹謗中傷も数多く混じり、渾然一体化している。

     沙也加さんの遺作となったミュージカル「マイ・フェア・レディ」で共演していた前山さん自身のインスタグラムには誹謗中傷のコメントが相次ぎ、コメント欄を閉鎖した。

     何故、こうした投稿が後を絶たないのか。その心理を碓井氏は、こうひも解く。

    「ネットでは、誰かを叩くことが、娯楽もしくは遊びになっているんですね。だから、いつも標的となる人物を探している。そして、エンタメ化していく。誹謗中傷することが爽快なわけです」

     どこかで聞いたり、見たり、読んだりしたことをベースにし、叩いていく。

    「前山さんを悪者に設定し、叩くことで、自分は正義の人、強い人のように思えるわけです。悪者をやっつけている自分に対する自己評価が爆上がりする。何でもできるという神のごとくの全能感と日常生活ではなかなか得られない快感を味わえるという心理があります」

    ■芸能人が標的になりやすいワケ

     悪者に設定するのは実は誰でもいいが、何もないのに選んでも叩く者同士で共有化できない。自分の”叩き”がネットで拡散しない。ゆえに、必然的に芸能人や有名人、事件の当事者に標的が向かいやすくなる。

    「匿名での書き込みというシステムに乗っかって、安全地帯にいながら、溜飲を下げているつもりになる。一種のゲーム感覚かもしれません」

    アエラ 12/24(金) 12:50
    https://news.yahoo.co.jp/articles/317bfe05e7444a34749f18d3a9db462894497a47

    写真

    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?pri=l&w=640&h=448&exp=10800


    【【は!?】前山剛久 マジかよ…快感だって?信じられねぇ・・・・】の続きを読む


    ガンバレ・・・

    1 ひかり ★ :2021/11/26(金) 16:00:50.15

     タレントの堀ちえみが26日、公式ブログに新規記事を投稿。自身が患っているステージ4の舌がんを「うそ」「詐病」と誹謗(ひぼう)中傷を受けていることを告白。侮辱罪や威力業務妨害にあたるとして警察や弁護士に相談していることを明かした。

     堀はまず「なんだか未だに、私のことをステージ4の舌がんは嘘だと、仕事先にわざわざ抗議して、クレームを入れる人がいるらしいですね。私自身は言われることには慣れてしまい、そのことにより傷つくことは、もうなくなりました。最初は大変落ち込み、生きてしまったことへの、罪悪感でいっぱいになりましたけど。生き残りの惨めなヤツなんだと」とつづった。

     さらに「ステージを誤魔化すなら、いい方に誤魔化したかった。でも誤魔化したら、すぐバレる範囲の切除だし、リンパ転移も含めて嘘はつきたくない。そして何よりも公表する大きな理由。私みたいな状態にまで放置しないで、早期発見の大切さをを伝えていこうと決めたからです」と吐露した。

     「仕事で出会う歯科医師の方々は、一目瞭然で、私の病状のことも把握されており、その詐病のことに激怒されている方も、たくさんいらっしゃいました。仕事関係者の方々も、お友だちもそうです。私や家族のことを守ってくださっている、刑事課の担当の方も弁護士さんも、現在 動いてくださってます。侮辱罪や業務妨害というものに、該当するそうです。私は許せても、周囲は腹が立つのでしょう」と周囲が中傷に怒り、行動に移していることを明かした。

     その上で「でも私は何故かもう、腹も立たないし、私の生き様は何も恥じることはない。骨頭壊死が嘘だとか、リウマチも嘘だとか。嘘をついて病気になっても、なんの得もありません。私は詐病という単語は、自分ががんになるまで馴染みがなく。スタッフから言葉と意味を聞きました。でもあまり良くない響きで、良くない言葉です。私には口から吐き出したくない、負の言葉に感じます。私は今目の前がキラキラして。素晴らしい人生を送っています」とコメント。最後に「もうそろそろやめにしませんか?私もわざわざこんな負のブログは、書きたくないですから…」と呼びかけた。

     堀は2019年に舌がんであることを告白。舌の6割を切除する手術を受けている。

    デイリー 

    https://news.yahoo.co.jp/articles/eb5c4408cccfd1fe51b784f5eeabd895258e0205


    【【なんと!?】堀ちえみ 反撃開始・・・!!!!!!!!!!】の続きを読む


    誹謗中傷

    1 jinjin ★ :2021/10/27(水) 23:17:05.12

    柏木由紀、『あなたが嫌い』『消えて』SNSで送られてきた誹謗中傷被害を告白


    先日、タレントの中川翔子さんがネット上の誹謗中傷に対して声を上げたことをきっかけにスタジオで議論を交わした20日の「ABEMA Prime」(AbemaTV)。
    すると、この日のMCだったAKB48・柏木由紀さんが誹謗中傷を受けた過去を明らかに。


    先日、タレント・中川翔子さんへ誹謗中傷コメントを書き込んだとした男が逮捕された事件。

    昨年、ネット配信番組の出演者がネット上の誹謗中傷を苦に自ら命を絶ったものの、誹謗中傷に対しては「なんでもかんでも誹謗中傷というのはよくない」、「時には否定的な意見も必要でしょ」という意見も。

    すると、「やっぱりこういうお仕事してるので誹謗中傷を目にしますけど」と誹謗中傷被害に遭ったことがあるという柏木さん。

    「攻撃する目的であったり、VTRであったように愚痴のつもりであったり」と様々な誹謗中傷の形があると指摘した上で、
    「結構多いのがインスタグラムなどのDM。直接送れるものってたとえば本名も出てて、その人の顔も子供を抱っこしてる写真とかもあって、それが長文で『こうこうこういう理由であなたが嫌いです』みたいな」と実際に送られてきた誹謗中傷の内容を明かしたのでした。
    ただ柏木さんは「『消えてほしい』というのを見た時に『この人って悪気はないんだろうな』みたいな。なんか『大多数の人がこう思ってるだろう。だから私がその意見をまとめて言ってあげた』ぐらいの正義感のようなものを感じることがすごいある」と分析。

    その上で「そういう人の誹謗中傷をなくすのってすごい難しいんじゃないかって」と持論をまとめました。



    「悪質だ」誹謗中傷への対策続々

    「あなたが嫌い」、「消えて」などという誹謗中傷の被害に遭っていた柏木由紀さん。

    するとSNSを悪用し、著名人本人に悪質なメッセージを送信するという行為に、

    「有名人は特にひどいだろうね。名前が知られている人ほど大変そうだ」
    「面と向かって言えないことを送ってくるって悪質だな」

    などと視聴者からも同情の声が。


    社会問題となっている誹謗中傷、しかし現在は悪質なメッセージの規制が進められているのだそう。

    「今月に入り『Yahoo!ニュース』のコメント欄、通称ヤフコメと呼ばれる箇所にAIが導入されることが明らかになりました。AIの導入によって悪質な書き込みに対する警告や場合によってはコメント欄の閉鎖という措置が取られるようです。世界的にもネット上の誹謗中傷への対策が加速していますし、SNS全体に浸透していくのも時間の問題なのかもしれません」(ライター)

    誹謗中傷の書き込みをしたことがあるという人はネットユーザーの7%。

    しかし誹謗中傷の書き込みを目にしたことがあると回答した人は全体の70%と、一部の声がたくさんの人の目に留まっていることからも、たとえ数は少数だとしても規制は必要なのかもしれません。


    https://quick-timez.com/2021/10/25/kasiwagityusyou9201/


    【【なんと!?】柏木由紀もやられてた・・・・wwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ