おもしろがり速報

芸能ニュースや旬なニュースをまとめてお届けします。
芸能人、有名人、アイドルの噂やスキャンダルなど
おもしろネタや記事を配信します。

    タグ:降板


    普通が一番・・・

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/10/27(水) 09:18:35.96

    10/27(水) 6:10配信
    女性自身

    Copyright (C) 2021 Kobunsha Co., Ltd. All Rights Reserved.

    小雨がパラパラと降る10月17日、東京都内で開かれたフラワーデザイナーのイベント会場から出てきたのは、戸田恵梨香(33)。

    両足の太ももの部分に大きく穴の開いたデニムにオーバーサイズのスエットというラフな格好での訪問だった。笑顔なく、眉根にシワを寄せて歩き、マスクをしていても憔悴しているように見える。

    昨年12月、松坂桃李(33)と電撃結婚した戸田。今年7月クールのドラマ『ハコヅメ〜たたかう!交番女子〜』(日本テレビ系)も大好評だったが、最近になって、“異変”が伝えられている。

    「戸田さんは大御所監督の映画での主演が決まっていました。撮影も12月から始まる予定でしたが、10月中旬に突然、“降板させてほしい”と連絡があったそうです。『体調不良のため』と事務所サイドから説明があったようです」(映像制作関係者)

    同時期に主演ドラマも降板していたと映像制作関係者は続ける。

    「来年4月クールでの放送が予定されていた主演ドラマにも、降板を申し入れたと聞いています。これは来年の6月まで休養するということ。8カ月間という長さに心配の声があがりました」

    戸田の所属事務所に2つの降板および体調不良について尋ねたが、回答は得られなかった。

    あるテレビ局関係者も先日、戸田の様子に違和感を覚えたと明かす。

    「戸田さんが局のプロデューサーと話をしていたとき、話の内容と関係なく突然、涙を流すことがありました。またかなり痩せているようにも見えましたね」

    実は本誌が戸田を目撃した10月17日は、松坂の誕生日だ。

    「すでに降板を申し入れていたその日、松坂さんは帰りを待って家にいたと聞いています。松坂さんは、11月まで映画のロケスケジュールが組まれていたそうです。しかし最近、長距離移動の必要なロケがコロナ禍もあり中止になったと聞いています。これで時間ができ、夫婦の時間を十分にとれるのではないでしょうか」

    戸田は松坂について雑誌のインタビューでこう語っている。

    《結婚したことで、ひとりで頑張りすぎなくても大丈夫なんだと思えましたし、今まで自分で抱えてきたことも分かち合える存在はやっぱり大きいですよね》(『美的』’21年12月号)

    夫婦で今回の“異変”を乗り切れることを願うばかりだーー。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/b98e54c172160c9f8f222edf2e086179e0647759


    【【マジすか!?】戸田恵梨香さん 頑張りすぎじゃね・・・wwwwwww】の続きを読む


    妊娠した・・

    1 Egg ★ :2021/10/20(水) 06:21:25.94

    「2作も突然降板するというのはあまり聞いたことがないので、スタッフの間でも戸田さんに“何かあったのでは?”と不安が広がっているそうです」

    不安げにこう語るのはある映画関係者。今、映画、ドラマ関係者の間で戸田恵梨香(33)の身を案じる声が広がっているというーー。

    00年のデビュー以来、数々の話題作に出演し、19年度後期の朝ドラ『スカーレット』(NHK)ではヒロインを務めた戸田。さらに永野芽郁(22)とW主演を務めた今年7月クールの連ドラ『ハコヅメ』(日本テレビ系)は平均視聴率11%を超えるなど、“視聴率女王”の名をほしいままに。

    プライベートも絶好調だ。昨年12月、同じく演技派として知られる俳優・松坂桃李(33)との結婚を発表。芸能界最強の“同い年夫婦”として、ともに目覚ましい活躍を見せていた。

    『ハコヅメ』後の出演作がまだ報じられていない戸田だが、実は水面下で異変を迎えていたという。前出の映画関係者は言う。

    「戸田さんは歴史モノに定評のある大御所監督の主演映画の撮影に来月から入る予定でした。しかし、10月中旬になって突如、降板を申し入れたそうです。クランクインが迫っていることもあり、急遽、主演は某有名女優へ代役が決まったといいます。

    詳しい理由は明らかにされていませんが、事務所は近く休養を発表すると聞いています」

    撮影を目前に控えての降板申し入れ。驚くことに降板はこれだけではないようで……。

    「実は、来年4月から女性に人気のドラマ枠で主演する予定でしたが、そちらも急遽降板したいと、戸田さんサイドから申し入れがあったそうです。放送の半年前に降板を申し入れるのはよっぽどのことなので、戸田さんの体調を心配する声が相次いでいます」(テレビ局関係者)

    これらの事実について戸田の所属事務所に、何度か問い合わせをしたものの期日までに返答はなかった。

    いったい、戸田の身に何が起こったのかーー

    女性自身 10/20(水) 6:06
    https://news.yahoo.co.jp/articles/0a0d7fe9cac64c3b3a7d4179611f86ca30ce2d43

    写真

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
    ?w=640&h=640&q=90&exp=10800&pri=l


    【【どうなってる?】戸田恵梨香に異変が起こる・・!!!】の続きを読む


    あんまり見なかった・・

    1 牛丼 ★ :2021/10/16(土) 20:52:00.10

     今年4月、自身のインスタグラムのライブ配信で、18歳の時に島田紳助さんから枕営業を誘われ、同席した出川哲朗らも同調したという趣旨の告白をして騒動になっていたタレントのマリエだが、5年半にわたってパーソナリティーを務めてきたJ‐WAVEのラジオ番組が9月25日、最終回を迎えてしまった。

     同ラジオは3時間の生放送で、音楽、ファッション、カルチャーのテーマについてトーク。番組の最後でマリエは、リスナーに「18~23歳に芸能界で忙しくさせてもらって、その後にニューヨークで勉強して。そこからラジオをやらせてもらった。コロナで不安な日もこの番組が好きだから作ってこられた。なにより、リスナーの方々のおかげです」と感謝した。

     「明らかに4月の騒動のおかげで降板させられてしまった。局側としては、それが原因と書き立てられたくないので、キリのいい時期で番組を終えた。まだ事務所には所属しているが、もう事務所がマリエの仕事を営業することはないだろう」(芸能記者)

     さらに、マリエは春先に〝暴露本〟のような著書の発売もにおわせていたが今のところ、発売されず。また、母親が今夏の都議選に出馬を表明していたが、娘の騒動の影響なのか、結局、出馬しなかった。

     気になるマリエの近況だが、発売中の「フラッシュ」(光文社)によると、9月下旬、マリエが代表を務めるアパレル会社が入居する都内のマンションの一室には、4月のインスタライブで質問するなどしていたアパレル会社の経営者の姿が。

     その男性は頻繁にその部屋に出入りしており、どうやら近くでマリエのことを支えている様子だというのだ。

     「マリエがこのままで引き下がるわけがない。行動を共にする男性が主導し、またひと騒動起こすのでは。そうなったら、事務所も堂々とクビにできるだろう」(同)

     いずれにせよ、表舞台からは消えそうだ。
    https://npn.co.jp/article/detail/200016715


    【【ついに!?】マリエの気になる近況・・・!!!】の続きを読む


    ものまね界のレジェンド

    1 muffin ★ :2021/09/18(土) 16:27:55.04

    https://tfm-plus.gsj.mobi/news/Q1iQAFcWxB.html?showContents=detail

    (出典 tfm-plus.gsj.mobi)


    お笑いコンビ・麒麟の川島明がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「SUBARU Wonderful Journey 土曜日のエウレカ」。9月11日(土)放送のお客様は、お笑いタレント・コロッケさん。ここでは、「ものまね王座決定戦」を降板した理由、今後の活動への思いについて語りました。

    1980年に「お笑いスター誕生!!」(日本テレビ系)でテレビデビューしたコロッケさん。「ものまね王座決定戦」(フジテレビ)で優勝後は、清水アキラさん、栗田貫一さん、ビジーフォーとともに「ものまね四天王」の1人として、ものまねブームの中心的存在に。2014年に文化庁長官表彰、2016年に日本芸能大賞を受賞された、ものまね界のレジェンドです。

    ◆人気絶頂期に「ものまね王座決定戦」を降板した理由

    川島:1992年、コロッケさんが32歳のときに「ものまね王座決定戦」を自ら降板されたそうですね。なんでですか?

    コロッケ:視聴率は30パーセントを超えていましたね。

    川島:絶頂期ですよね?

    コロッケ:そうですね。やりたいことが、やれなくなってきたんですよ。

    川島:と言いますと?

    コロッケ:だいたいそうだと思うんだけど、番組っていうのはプロデューサーとか、いろんな人から言われたことをやらなきゃいけない空気になっていくんですよね。なので俺は、「このままだとものまねの壁にぶち当たるな」と思ったんです。自分はエンターテインメントをしたかったけど、「ものまね王座決定戦」では1分しか時間がもらえないんです。自分のエンターテインメントを伝えるためには、3分から5分は欲しかったんですよね。

    それでいろいろと揉めたし、「このままいても“ぬるま湯”だな」と思ったんです。「ものまね四天王」としていい扱いは受けているけれど、2、3年経ったらものまねブームはなくなると思ったから、プロデューサーと話し合って。半分ケンカのような感じで辞める形になりましたけどね。

    川島:当時32歳でしょう? よくそんな冷静に分析できましたね。

    コロッケ:俺ね、昔からなんだけど仕事が多いと「ヤバい」って思う人だから。

    川島:「いつか終わってしまう」って思っちゃう?

    コロッケ:そう。だから「終わらないためにはどうすればいいか」って、次のことを考えている。特にものまねは1、2回見る分にはいいけれど、3回目になると「他にはないの?」「もう見たよ」って言われてしまう芸風だから。ものまねは、芸能界で一番飽きられやすい芸風だと思ってる。

    川島:消費されるのが早いと。「ものまね王座決定戦」を辞めるとき、「ものまね四天王」の他の3人は何も言わなかったんですか?

    コロッケ:「辞めて自分のことをやりたい」って言ったら、みんながみんな「お前はバカか?」って言われましたね(笑)。

    川島:だって、やっと夢が叶ったってときだったんでしょう?

    コロッケ:人気絶頂のときでしたしね。グッチ裕三さんが、最後まで俺を説得してくれたんですよ。

    川島:「考え直せよ」と。

    コロッケ:ええ。グッチ裕三さんは笑い話にしてくださったんですけど、そのとき僕が言った言葉は「船は出たのよ」だったんですよ(笑)。

    川島:ほう! どういう意味ですか?

    コロッケ:荒波のなか、あえて自分から漁に出るというか。俺はそういうことを伝えたかったんですよ。

    川島:なるほど。自分のなかでは答えが既に決まっていたんですね。

    コロッケ:決まっていた。だから、「船は出た」って言ったんですね。それで、「こいつには何を言っても無駄だな」って感じたと思います。

    川島:違うところに行くんだろうなっていうのは伝わったでしょうね。とは言え逆境じゃないですか? そういう辞め方をすると、視聴者側は勝手に「ものまね四天王不仲説」を考えちゃいますよね。

    コロッケ:不仲説は、ずっと言われていましたよ。「コロッケはみんなと仲が悪い」ってね。

    川島:僕も当時そう思ってました。

    コロッケ:(笑)。でも、いまだに「ものまね四天王」のみんなとは電話で話したりしますよ。仲が悪いわけではないです。やっぱり、一緒に戦い合った“戦友”なので。お互いの好きなところも言い合えますしね。

    続きはソースをご覧下さい


    【【あれぇ?】コロッケ 人気絶頂期に「ものまね王座決定戦」を降板した理由】の続きを読む


    やさしそうに見えるけど・・

    1 ひかり ★ :2021/09/18(土) 05:28:03.76

     現在、TBSラジオにて、月曜深夜や月~木午前中の2時間半の帯番組を任される人気パーソナリティーの伊集院光(53才)に“パワハラ疑惑”が浮上した。伊集院は、『伊集院光とらじおと』(TBSラジオ)で月曜アシスタントを務める元TBSの新井麻希アナ(39才)に対して、トーク中や本番以外の場面で度々厳しいダメ出しをすることがあった。そして、決定打となったのは、8月23日のこと。

    「伊集院さんが『いま新井は降板スレスレのラインだからな!』と怒鳴ったんです。フリーアナウンサーにとって“降板”は、仕事を失うと同じ意味で、これ以上ないほど重い言葉。積み重なったストレスが頂点に達し、新井さんが番組関係者に相談をしたのです」(ラジオ局関係者)

     そして、8月30日放送から新井アナが2週にわたって夏休みに入ることが発表された。また、その後、伊集院も入れ替わりで2週間の夏休みを取り、その間に新井アナが番組に出演、そこで最後のあいさつをして、9月20日の放送をもって降板することが決まったという。

     飄々とした語り口、目尻の下がった笑顔、人を安心させるふくよかな体形、どれをとってもパワハラとは縁遠く見える伊集院だが、番組関係者の間では、彼の厳しい顔も知られていた。

    「彼は賢くて、理論武装に隙がありません。仕事への情熱がそうさせるのですが、逆に、そのレベルに達していないと思うや叱咤激励の意味を込めて論破してしまうところがあります。実は、若手局員も、『育休する社員の穴埋めで』という名目で伊集院さんの番組から離れることになっています」(前出・ラジオ局関係者)

     今年3月には“LINE事件”も起きていた。番組スタッフが伊集院への愚痴を、伊集院本人も見られるLINEグループに誤って投稿してしまったのだ。伊集院はこのエピソードをラジオで暴露した。

    「本人は笑い話にしようと彼なりの気遣いでオチを付けていましたが、スタッフ側にしてみれば“公開処刑”と取る人もいて、笑いがひきつっていた。今回のパワハラ騒動についても、彼自身、どこまで重く考えているのかはわかりません」(前出・ラジオ局関係者)

     一方で、伊集院に同情的な見方をする人物もいる。

    「最近の伊集院さんは、かわいがっていた犬を亡くしたペットロスもあり、精神的に不安定なようでした。だからこそ、若いスタッフはどう接していいのかわからないのでしょう。最近は、いつにも増して腫れ物に触るような空気が漂っていました」(芸能関係者)

     今回の顛末を知る別の芸能関係者は、こうつぶやく。

    「落語家修業時代の師匠による厳しい指導や徒弟制度が染みついているのかもしれません。でも、いまの時代、本人は“指導”のつもりでも、相手の受け取り方次第で“パワハラ”になります。伊集院さんと新井アナの間にも師弟関係に近いものがあった時期もありました。しかし、いつからか、新井アナが伊集院さんの指導についていけなくなった。こうなったらいまの時代、変わらないといけないのは師の方なんです」

     解剖学者の養老孟司との共著『世間とズレちゃうのはしょうがない』(PHP)のなかで、伊集院は落語家修業時代を振り返りながら、以下のように語っている。

    《僕も自分のした我慢はたまたま自分にあっていたからといって、次に続く人もそうだと決めるのは間違っていると思います。僕の我慢は大きな目で見れば、『したくてした我慢』ということで、自分の選択だったんだと自覚しなければいけないんでしょうね》

    ※女性セブン2021年9月30日・10月7日号

    https://news.yahoo.co.jp/articles/6a8cb121e0355b65991b8bdfcc2ed5212db8d24b?page=2

    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1631845302/

    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1631859617/


    【【キノドク】伊集院光、パワハラ騒動!若手スタッフ「腫れ物に触るような空気」】の続きを読む

    このページのトップヘ